Skip to Content
Technical Articles
Author's profile photo Kyou Gu

SAP Cloud Integration Content Runtime on Process Orchestration機能概要

はじめに

SAP Integration Suiteは次世代のハイブリッドの連携基盤として、Cloud-to-Cloud、Cloud-to-Ground、Ground-to-CloudとGround-to-Groundなど連携シナリオを全面的にサポートしています。

SAP Cloud Integrationで開発したIntegration Flowは、以下の3種類のRuntimeにデプロイして、実行することが可能です。

①. Integration Suite

メインな実行環境として、Cloud-to-Cloud、Cloud-to-Ground、Ground-to-CloudとGround-to-Groundシナリオで利用可能

②. Cloud Integration Content Runtime

SAP Process Orchestration 7.5上に動かすCloud Integraionの実行環境として提供され、 Ground-to-CloudとGround-to-Groundシナリオで利用可能

③. Hybrid Deployment Option

オンプレミス上のスタンドアロンの実行環境であり、Ground-to-CloudとGround-to-Groundシナリオは利用可能。2022年Q4にBeta版がリリースされる予定です。詳細はSAP Road Mapをご参考ください。

本ブログは、②.Cloud Integration Content Runtime on Process Orchestrationの機能概要について、ご紹介します。

利用環境

Cloud Integration Content Runtime on Process Orchestrationは、SAP NetWeaver 7.5 SPS05以降で提供されるコンポーネントであり、以下のインストレーションタイプがサポートされています。

  • Advanced Adapter Engine
  • Advanced Adapter Engine Extended
  • SAP Process Orchestration
  • SAP Process Integration Dual Usage

ライセンス

Cloud Integration Content Runtimeを利用するには、下記のライセンスが必要です。詳細については、SAPライセンス営業にご確認ください。

  • SAP Cloud Integration license
  • SAP Process Orchestration or SAP Process Integration license

利用可能な連携シナリオ

Cloud Integration Runtime on Process Orchestrationは、下記の連携シナリオで利用可能です。

  • Ground-to-Ground
  • Ground-to-Cloud

利用可能なアダプター

NetWeaver 7.5 SPS21に含まれるCloud Integration Content Runtimeでは、以下のCloud Integrationのアダプターがサポートされています。

Cloud Integration Content Runtime on SAP Process Orchestration新機能は、NetWeaver7.5のSPSより提供されるので、各SPSの機能制約について、SAPノート2195773をご参考ください。

 

初期設定

Cloud Integration Content Runtime on SAP Process Orchestration を利用するには、「PI Configuration Wizard」を実行して有効化する必要があります。詳細はSAPノート2201086をご参考ください。

Configuration Wizardを実行した後で、「Cloud Integration Content」メニューが表示されるようになります。

「Cloud Integration Management Cockpit」画面で、Integration Flowのデプロイ/アンデプロイ、起動/停止することが可能です。

Integration Flowのデプロイ機能

「Cloud Integration Management Cockpit」画面で、Cloud Integrationテナントに接続して、Integration FlowをCloud Integration Content Runtimeにデプロイすることが可能です。

① Cloud Integrationテナントの接続情報を入力し接続します。

② Cloud Integrationテナントで開発したIntegration Flowを選択してデプロイします。

③デプロイされたIntegration Flowが表示されます。

Integration Flow設定機能

デプロイされたIntegration Flowの外部パラメータとログレベルを設定することが可能です。

メッセージの監視機能

Process Orchestrationのメッセージ監視画面で、実行されたIntegration Flowのメッセージを監視することが可能です。

メッセージエラーのアラート通知機能

Integration Flowのメッセージ処理エラーに対して、Component Based Alert機能を利用して、アラート通知を設定することが可能です。

参考情報

Cloud Integration Contentヘルプ

https://help.sap.com/viewer/5cf7d2de571a45cc81f91261668b7361/7.5.18/en-US/14ff0a6d7cd94540bb252f816fbfecde.html

SAPノート2428801 – FAQ: Cloud integration content in SAP Process Orchestration (PI)

https://launchpad.support.sap.com/#/notes/0002428801

以上です。

 

Assigned Tags

      Be the first to leave a comment
      You must be Logged on to comment or reply to a post.