Skip to Content
Technical Articles

SAP HANA CloudとTableauとの接続

皆さん、こんにちは。

去年SAP HANA Cloudがリリースされてからお客様や技術者から様々な質問を受けています。その中でも、HANA Cloudは、分析基盤として様々なBIツールと接続することができるのか、といった質問を多くいただきます。SAP BOは言うまでもありませんが、サードパーティ製品はどうでしょうか。このブログポストではTableauとHANA Cloudとの接続について検証してみました。

#本文中のスクリーンショットには英語での表記がありますが、ご容赦ください。

#Access English Version

#SalesforceとHANA Cloudの接続にご興味のある方は「SalesforceにあるカスタムオブジェクトをSAP HANA CloudへSDIで連携する方法」もぜひご覧ください。

本検証の結論:

・TablaeuとHANA Cloudとの接続の設定方法はODBC接続とTableau標準のHANA接続と二通あり、どの方法でも接続ができます。

・HANA ViewをTableauで見せたい場合、ODBC接続が必須です。

ブログポストの構成:

1.ODBC接続

2.Tableau標準のHANA接続

使用した環境:

・Tableau Desktop無料トライアル版(Professional Edition 2021.1.2 )

・HANA Cloud無料トライアル版(QRC1 2021)

では始めましょう!※敬語省略

1.ODBC接続

1-1.最新版のHANA ClientをダウンロードしてTableauが入っているOSにHANA Clientをインストールする。

1-2.OSのODBCドライバー設定画面からODBCを設定する。

セキュリティの観点から”Connect to the database using TLS/SSL”にチェックを入れる

 

HANA Cloudのhost nameの確認方法:

 

1-3.コネクションテスト

 

ホスト名、ユーザ、パスワードが正しければ、接続が成功する。

1-4.TableauをHANA Cloudと接続する

Tableauを開いてODBCソースを選択する。

先ほど設定したODBCを選択する。

DBユーザとパスワードを入力してコネクションテスト

TableauがHANA Cloudのノード情報を取得するために数秒かかる。取得ができたら、サインインボタンを押下する。

 

1-5.HANA Cloudのデータを参照してみる

まず、HANA Cloudにある物理テーブルCUSTOMERSを参照してみる。(このテーブルはHDIコンテナーOMO_PROJECT_HDI_DB_1に格納されている)

それから同じHDIコンテナーにあるHANA VIEWを参照してみる。

問題なし!

2.Tablaeu標準のHANA接続

2-1.HANA接続設定

Tableauを開いてSAP HANAの接続を開く

 

2-2.HANA Cloudのデータを参照してみる

サインインした後、先ほどと同じくまずは物理テーブルを参照してみる。

問題なし。

 

HANA VIEW参照してみると、下記のように、VIEWが存在しないというエラーが出た。

 

SAP Note 2980910 – Enable graceful error handling for MDX statements from 3rd party analytics toolsを確認したところ、おそらくTablaeu標準のHANA接続では、MDXタイプのステートメントを発行されるようで、HANA CloudはMDXタイプのステートメントはサポートされないというのが原因のようです。

したがって、最初の結論を繰り返しますが、二種類の接続方法ともHANA Cloudと接続ができますが、HANA VIEWを使っている場合、今のところODBC接続が必須です。

 

とてもシンプルな検証でしたが、少しでも皆さんの役に立ったらいいなと思います。

ぜひHANA Cloudの無料トライアル版を登録していろいろ挑戦してみてください!

https://www.sap.com/cmp/td/sap-hana-cloud-trial.html

最後までご覧くださいましてありがとうございます。

 

Be the first to leave a comment
You must be Logged on to comment or reply to a post.