Skip to Content
Technical Articles
Author's profile photo Kimikazu Kabata

Free Trialではじめる SAP HANA Cloud: ロール作成とユーザーへの付与

本ブログでは、SAP HANA Cloud (以下、「HANA Cloud」) を初めて使われる方を対象に、Free Trial 環境を使用した操作手順を解説します。

本内容は「DBエンジニア」向けの内容になります。

今回は「権限ロールを作成し、一般ユーザーに付与する」方法についてご紹介します。

全体の流れは下記の通りです。

(1) 権限ロールの作成

(2) 一般ユーザーの作成と権限付与

 

ロールの作成

「ロール」とは「権限をまとめたオブジェクト」です。テーブルやビューに対するアクセス権限を各DBユーザーにそれぞれ付与するのではなく、ロールに対して複数のテーブルやビューに対するアクセス権限を付与して、そのロールを各DBユーザーに付与する運用が一般的です。

それでは、ロールを作成します。

画面上部メニューの「View」から「Find Command…」を選択します。

検索ボックスで表示されたリストの中から「SAP HANA Create SAP HANA Database Artifact」を選択します。

 

Artifact Typeのリストから「hdbrole」を選択してください。検索ボックスに「role」と入力するとリスト表示されます。

 

ロール名は「第一営業部向けのアクセス権限ロール」を想定して、「SALES01_access_role」とします。

 

ファイルを選択して、「Object Privileges」タブを選択し、オブジェクトを選択します。

今回はHANA Viewの「V_ORDERS」だけを検索(SELECT)できるための権限とします。

 

ファイルを選択し、デプロイのアイコンをクリックします。

 

一般ユーザーの作成と権限付与

HDI コンテナーはアクセス権限が厳格なため、API (プロシージャ) を用いた権限付与を行うことが通常ですが、SQL文での権限管理に慣れたDBエンジニアが多いと思いますので、ここではDB管理者(DBADMIN)が権限ロールをSQL文で一般DBユーザーにロール管理できる手順について解説します。

※ DB管理者とDBアクセス権限管理者を分離することも可能ですが、今回はその手順は割愛します。

 

まずは一般DBユーザーを作成します。

SAP HANA CockpitにDBADMINでログインし、「User Management」のリンクをクリックします。

 

下記画面のように「」ボタンをクリックして「Create User」を選択します。

 

ユーザー名には任意のユーザー名を入力して、画面の通りに設定します。

・Creation of Objects in Own Schema : No (自身のスキーマを作成しない)

・PUBLIC role : Yes (システムのカタログ情報を検索できるようにする)

・Disable ODBC/JDBC Access : No (ODBC/JDBCでのアクセスを許可する)

 

パスワードのチェックを入れて、英数字で大文字/小文字を含めた8文字以上の複雑なパスワードを指定してください。

また、この一般ユーザーが初回にDBログインする際にパスワード変更を求めないようにするため、「Force Password Change on Next Logon」には「No」を指定します。

 

ユーザー作成後、ロールを付与します。

一般DBユーザーを選択後、「Assign Roles」をクリックします。

 

下記の手順通り、ロールを付与します。

ロールは「GLOBAL_DWH」スキーマ内にある「SALE01_access_role」です。

ここで重要なのは、「HDI Container API」を「NO」に設定することです。これでDB内でのロール管理が可能になります。

 

ロールの付与が完了しました。

それでは、一般DBユーザーでログインして、V_ORDERSビューにアクセスできるか確認しましょう。

SAP HANA Cockpitの「Change Authentication」をクリックし、一般DBユーザーでログイン後、SQL Consoleでアクセスします。

 

 

 

DBにアクセスできたら、リストから「Column Views」を選択し、GLOBAL_DWHスキーマ内のV_ORDERSビューのデータが検索できるか確認します。

 

また、リストから「Tables」を選択し、テーブルに対してアクセスが不可であることも確認してください。

 

いかがでしたでしょうか ?

 

今までと同様のDB管理者が慣れ親しんだ権限付与が行えたかと思います。

 

それでは、次はSAP Analytics Cloudとの連携について確認していきましょう。

 

次回 : SACとのSSOの設定

 

参考 : SAP Analytics CloudとSAP HANA Cloudとの連携

Assigned tags

      1 Comment
      You must be Logged on to comment or reply to a post.
      Author's profile photo Moyan Liu
      Moyan Liu

      とても有益なブログありがとうございます。

      このブログを参照して無事にHANA VIEWの権限設定もできました。