Skip to Content
Technical Articles
Author's profile photo Kimikazu Kabata

SAP Data Warehouse Cloud: 仮想データアクセス – Oracle編 – Vol2

前回からの続き

 

[ 設定の流れ ]

1. DP AgentのインストールとOracle用の追加設定
2. Oracleデータベースの設定
3. DWCへのDP Agent の登録・設定
4. スペースでの接続設定
5. 仮想テーブルの作成
6. 仮想テーブルのスナップショット/レプリカの切り替え

 

前回は DP AgentのインストールとOracle Database 側の設定を実施したので、今回はDWCでのDP Agentの登録作業やOracleとの連携設定を進めていきます。

 

 

 

DWCへのDP Agent の登録・設定

 

今回の手順で一番メンドクサクて、そして、注意が必要な作業になります。

DWCの画面で左メニューの「管理」ボタンを選択後、「+」マークをクリックしてDP AgentをDWCに登録します。

エージェント名を指定しますが、DP Agentのインストール時に指定したエージェント名 (SapJpn01 ) と同じ名前を指定することをお薦めします (必ず同じである必要はありませんが、運用管理上、同じ名前を付けておいた方がわかりやすいためです) 。

 

 

エージェント画面が表示されたら、この画面を閉じずに、そのまま、DP Agentが稼働するサーバーにログインし、コマンドプロンプトを「管理者として実行」します。

※ Windows の場合は、リモートデスクトップか、DP Agent が稼働しているサーバー上でブラウザを開いてDWCにアクセスすると設定し易いかと思います。

 

 

下記の通り、DP Agent をインストールしたディレクトリ配下のbin ディレクトリに移動後、環境変数を設定し、コマンドを実行します。

6. SAP HANA Connection」、「2. Connect to SAP Data Warehouse Cloud via JDBC」を選択しながらと進んで、上記のDWCの「エージェント設定」の画面の各項目をコマンドプロンプト上でCopy & Pasteを使いながら入力していきます。

パスワードは入力(ペースト)しても画面には表示されないので、入力した手応えと共にリターンキーを押して進めます(少しドキドキします)。

C:\Windows\system32>cd C:\usr\sap\dataprovagent01/bin
C:\usr\sap\dataprovagent01\bin>set DPA_INSTANCE=C:\usr\sap\dataprovagent01
C:\usr\sap\dataprovagent01\bin>agentcli.bat --configAgent
Configuring the Agent at the following location:C:\usr\sap\dataprovagent01
Initializing DPAgent Configuration Tool

************************************************************
                 DPAgent Configuration Tool
************************************************************
   :
6. SAP HANA Connection
   :
************************************************************
Enter Option:6
************************************************************
                    SAP HANA Connection
************************************************************
   :
2. Connect to SAP Data Warehouse Cloud via JDBC
   :
************************************************************
Enter Option:2
************************************************************
        Connect to SAP Data Warehouse Cloud via JDBC
************************************************************
Enter Agent Name:
SAPJPN01
Enter Use encrypted JDBC connection[true]: Valid options: true|false
true
Enter Host Name:
a2600374XXXXXXXXXXXXXXXXXXX.hanacloud.ondemand.com
Enter Port Number:
443
Enter Use Proxy Server[false]: Valid options: true|false
false
Enter HANA User Name for Agent Messaging:
DP_MSG_SAPJPN01

Enter HANA User Password for Agent Messaging:
<※ Copy & Pasteしますが、画面上には表示されません>
Enter HANA User Password for Agent Messaging:  (confirm)
<※ Copy & Pasteしますが、画面上には表示されません>

Do you want to save these connection settings? Any existing settings will be overwritten.
Enter [false] if you do not want to save or [true] to save.
true
Agent connection settings for SAP Data Warehouse Cloud have been saved. Restart the agent for the changes to take effect.

Press Enter to continue...

 

設定が終わったら、DP Agent を再起動します。前回と同様の手順で再起動してください。

************************************************************
                    SAP HANA Connection
************************************************************
   :
b. Back
************************************************************
Enter Option:b
Initializing DPAgent Configuration Tool

************************************************************
                 DPAgent Configuration Tool
************************************************************
   :
2. Start or Stop Agent
   :
************************************************************
Enter Option:2
************************************************************
                    Start or Stop Agent
************************************************************
   :
2. Stop Agent
   :
************************************************************
Enter Option:2
Stopping agent service. Command: sc stop SAP_HANA_SDI_Agent_Service_Daemon_SapJpn01
Stop Service return code: 0
Agent was shutdown gracefully
Press Enter to continue...

<※ Agent did not shutdown completely. Please check the dpagent PID and terminate the process  manually.」
 と表示されることもありますが、しばらくすると停止します。
 タスクマネージャーなどでサービスの停止を確認後に再起動してください。>

Press Enter to continue...


<少し時間をおきます。停止するまで時間が掛かります>

************************************************************
                    Start or Stop Agent
************************************************************
1. Start Agent
     :
************************************************************
Enter Option: 1
Agent service daemon location: C:\usr\sap\dataprovagent01\bin\DPAgentServiceDaemon.exe
Starting agent service. Command: sc start SAP_HANA_SDI_Agent_Service_Daemon_SapJpn01
Start Service return code: 0

Press Enter to continue...

************************************************************
                    Start or Stop Agent
************************************************************
     :
3. Ping Agent
     :
************************************************************
Enter Option: 3
Ping successful

Press Enter to continue...

************************************************************
                    Start or Stop Agent
************************************************************
     :
q. Quit
b. Back
************************************************************
Enter Option: q
0

 

DP Agentが再起動したら、DWC側のエージェント設定画面を保存します。

作成したDP Agent のステータスが「CONNECTED」になったら成功です。「エージェントをリフレッシュ」のボタンを何回かクリックしてステータスを確認します。

※ DWCのFree Trial はヨーロッパ環境なので、ステータスがCONNECTED になるまで少し時間が掛かります。

 

 

その後、「・・・」をクリックし、「編集」を選択後、「OracleLogReaderAdapter」にチェックを入れて保存します。

 

 

 

スペースでの接続定義

 

DP Agentの登録は1回で済みますが、対象システムへの接続設定は各スペース毎に行います。

今回はリモートシステム接続専用のスペースを作成します。いつものようにメモリとディスクのサイズを指定して、自分自身をスペースにアクセス可能なメンバーとして追加します。

 

 

その後、「ローカル接続」の項目で「+ (接続を追加)」をクリックし、接続対象のソースシステムの種類を選択します。今回はOracle Database をクリックします。

 

 

次の画面では、Oracle Database が稼働しているサーバー(ホスト名)とOracleにアクセスするためのポート番号(Oracleユーザーの間では有名な1521)、そして、サービス名Oracle Database のバージョンを選択します。

認証情報は、前述のOracle データベース内に作成したレプリケーション用のユーザー名とパスワードを指定します。

さらにその下にDP Agentを指定します。先ほど、設定したDP Agent名を選択します。

 

参考情報 :

Oracle Database ( が稼働しているサーバー) に対しては、DWCは直接アクセスせず、DP Agent がアクセスします。

Oracle Database のアクセス情報はDWC 側で管理し、その情報を元にDP Agent が Oracle Database にアクセスする仕組みとなっています。

 

 

次の画面で接続システム名を指定して「接続を作成」ボタンをクリックします。

「接続をチェック」ボタンをクリックして、接続を確認してください。

 

 

次はいよいよ、仮想テーブルの作成ですが、ここでまた休憩に入りましょう。

次の手順は、意外と馴染みのある操作手順となります。

 

お疲れ様でした !!

 

参考情報:

SAP Help Portal : SAP Data Warehouse Cloud – 管理者ガイド – 「ソースへの接続」

SAP Help Portal : SAP HANA SDI and SAP HANA SDQ

Assigned tags

      Be the first to leave a comment
      You must be Logged on to comment or reply to a post.