Skip to Content
Technical Articles

Free Trialではじめる SAP Data Warehouse Cloud: Vol1. Free Trialの登録とスペース作成

はじめに

 

本ブログでは、SAP Data Warehouse Cloud ( 以下DWC ) の Free Trial 環境を使用して「データをロードして可視化する」までの一連の操作を体験していただきます。

今回のシリーズではDWCの下記の利用ステップについて解説していきたいと思います。

0. DWC Free Trialの登録

1. スペースの作成と割り当て

2. CSVデータをアップロードしてテーブルを作成

3. ビューの作成 (データ準備)

4. ストーリー(レポート)の作成

5. SAP Analytics Cloud との連携

 

今回は、DWCのFree Trialの登録とスペースの作成をご紹介いたします。

 

 

利用環境は以下の通りです。

SAP Data Warehouse Cloud version 2021.4.38 (trial版)※ 2021年2月末時点

 

 

SAP Data Warehouse Cloud  Free Trialの登録

 

まずは「SAP DWC」でWeb検索してこちらのページにアクセスします。

SAPのサイトにログオンした後、「今すぐ試す」をクリックして、DWCのFree Trialの登録サイトにアクセスします。

※ まだ、SAPのサイトにプロファイル登録していない方は、この機会にご登録をお願いします。

 

次の画面にて、「Get the 30-Day Trial」をクリックするとプロファイル登録したメールアドレスに「Please Confirm Your Email」というタイトルのメールが届きますので、そのメール本文中にある「Log In」をクリックしてDWC Free Trial環境にアクセスします。

 

 

日本語の設定

 

DWCのホーム画面が表示されたところで、まずは日本語の設定です。画面右上の名前のイニシャル表示されているマークをクリックすると「Settings」が表示されるので選択します。

表示された画面から「Language & Region」を選択し、「Language」に「日本語」、「Date Formatting」に「yyyy/MM/dd」を設定します。その他の項目も必要に応じて設定し、「Save」します。

 

 

画面メニューが日本語表示に切り替わります。

普段は左側にあるメインメニューはアイコン表示になっていますが、画面左上のメニューアイコンをクリックするとメニュー名も表示されます。

 

1. スペースの作成

 

まず最初の作業は「スペース」を作成することです。各利用部門/グループ単位でスペースを作成して割り当てます。この作業はIT部門が実施することになるでしょう。

左メニューから「スペース管理」を選択します。

 

画面右上の「」マークをクリックして、スペース名を入力し(※日本語は利用できません)、「作成」ボタンをクリックします。今回はスペース名に「Sales#1」、スペースIDに「SALES1」を入力します。

 

表示された次の画面で「ディスク」と「インメモリ」の項目で必要なリソースを割り当てます。今回は各々「10.0GB」を割り当てます。

その後、「メンバー割り当て」の項目で「」マークをクリックして、このスペースに対してアクセスできるユーザー(今回は自分自身)を登録します。

 

 

登録後、画面右上の「保存」ボタンをクリックしてください。

 

次回は、CSVファイルをアップロードし、テーブル作成する手順をご紹介します。

 

Be the first to leave a comment
You must be Logged on to comment or reply to a post.