Skip to Content
Technical Articles
Author's profile photo Tatsuya Hizume

インターン学生が挑戦⁈SAP HANA Cloudでテーブルを作ってみよう!

はじめに

本ブログでは、インターン学生がSAP HANA Cloudに触れ、
”知識ゼロからSAP HANA Cloudを扱えるようになるまで”の軌跡を紹介いたします。

~~~筆者の簡単な自己紹介~~~

皆さん、こんにちは!
STARプログラム(SAPのインターンシップ)三期生の日詰達哉と申します。

大学で学んでいること :微生物が持つユニークな機能の解明、応用についての研究。
ITやデータに関する知識:Excelで実験データをグラフ化できる程度。

今回は、SAP HANA Cloudに初めて触れてみたからこそ感じたことを学生目線で提供しつつ、「SAP HANA CloudのFree Trialで実際にどんなことができるのか?」に焦点を当て、解説いたします。
※本ブログの目的は、SAP HANA Cloudでデータを扱ってみることです。したがって、一部説明を簡略化している箇所があります。予めご了承ください。

内容は下記のとおりです。

1. Free Trialに参加登録してHANAインスタンスを作成する
2. 実際にテーブルを作ってみる
3. SAP HANA Cloudに関する感想

1. Free Trialに参加登録してHANAインスタンスを作成する

Free Trialへの登録方法は、本ブログでは割愛させていただきます。
下記のブログをご参照ください。

Free Trialではじめる SAP HANA Cloud: HANAインスタンスの作成 (更新版)

 

2. 実際にテーブルを作ってみる

それでは、SAP HANA Database Explorerを使ってテーブル(表)を作成してみましょう。SAP HANA Cloudでは、データベースに「SQL」を使用してアクセスします。

左上の「Open SQL Console」をクリックし、SQLを実行するための準備を行います。

・テーブルの作成

今回は、例として実験者名簿を作成します。
テーブル名を実験者名簿にちなんで(experiment)とし、
ID(ID)と名前(name)、研究科目(subject)の項目を含んだものにします。

下記のようなSQLを実行し、データベースにテーブルを作成します。
※実行は緑の矢印をクリックします。

CREATE TABLE experiment(ID int, name varchar(30), subject varchar(30));

作成したテーブルは、左タブのCatalogのTablesから確認できます。

テーブル作成に関する構文は下記のとおりです。

CREATE TABLE テーブルの名前(カラム名1 カラムのデータ型, カラム名2 カラムのデータ型, ・・・・);

「カラムのデータ型」は、簡単に言えば「単位」のようなものです。

代表的なものは下記になります。

カラム型(略称)
integer(int):整数
float:小数
varchar:文字

※簡略化した説明になります。 また、varchar(30)などにおける(30)は、最大文字数を表します。

・データの追加

次はテーブルにデータを追加していきましょう。

下記のSQLを実行します。
INSERT INTO experiment (ID, name, subject) VALUES (1,’田中’,’化学’);
INSERT INTO experiment (ID, name, subject) VALUES (2,’山田’,’生物’);
INSERT INTO experiment (ID, name, subject) VALUES (3,’日詰’,’生物’);

データの追加に関する構文は下記のとおりです。

INSERT INTO テーブルの名前(カラム名1, カラム名2, ・・・・) VALUES (カラム名1のデータ, カラム名2のデータ);

※文字を入力する際は、データの両端に ‘ を忘れずに入力しましょう。私はこれに気づかず、長時間エラーに悩まされました…笑

テーブルのデータは左下のテーブルから、Open Dataをクリックすることで確認が可能です。

また、

INSERT INTO experiment VALUES (4,’本田’,’微生物’);
INSERT INTO experiment VALUES (5,’佐々木’,’微生物’);

のように
INSERT INTO テーブルの名前(カラム名1, カラム名2, ・・・・) VALUES (カラム名1のデータ, カラム名2のデータ);から
INSERT INTO テーブルの名前 VALUES (カラム名1のデータ, カラム名2のデータ);
へ省略も可能です。

・データの取得

ここでは、データをデータベースから取得してみましょう。
下記SQLを実行します。

SELECT ID, name, subject FROM experiment;

データの取得に関する構文は下記のとおりです。

SELECT 取得するカラム名 FROM テーブル名;

また特定の条件のみ取り出したい場合は、
SELECT 取得するカラム名 FROM テーブル名 WHERE 取得するカラム条件;

例) SELECT ID, name, subject FROM experiment WHERE subject=’微生物’;

・データの削除

下記のSQLを実行します。

DELETE FROM experiment WHERE name = ‘山田’;

これにより、山田に関するデータがテーブルから削除されました。
データの削除に関する構文は下記のとおりです。

DELETE FROM テーブル名 WHERE 削除するカラム条件;

以上がSQLを使用した基本的なデータベースの操作になります。

 

次は実際に実験のデータを入力してみます!

今回は例として、「様々な温度に対する微生物の挙動(培養温度と微生物が生産するタンパク質の関係性)」を示したデータを使います。

なんのためのデータ?と思われるかもしれませんが、人間が暑い時は汗をかいたり、寒い時は震えたりするように、微生物も温度によって様々な挙動を示すのです。
そのような現象を突き詰めていくことで、もしかしたら社会に役立つ面白い機能が見つかるかもしれません!!!(面白さが伝われ!!!)

既にExcelでテーブルができてるやないか!というツッコミはさておき、
このデータを入力していきましょう。

・・・え?入力するのが大変?

実は、CSVファイルでデータ入力もできちゃうんです!

先ほどの手順通り、実験データに関するテーブル(Protein_DATA)を作成するため、
SQLを実行します。

CREATE TABLE Protein_DATA (ID int, Protein_Name varchar(30), Temp_30 int, Temp_40 int, Temp_65 int, Temp_77 int);

そして、左下のProtein_DATAを右クリックし、Import Dataを選択します。

出力するデータのファイル(CSV)を選択し、

データを追加するテーブルを選択します。

そして、それぞれのカラムを対応させることで、データの入力を行えます!

また、Open DataからAnalysisを選択するとデータの分析も行えます。

40度における微生物中のタンパク質の量をグラフ化したり、

40度と77度における挙動の比較をグラフ化したりできます。

実際の研究では、このような結果から、

「Protein_07のタンパク質だけが、温度が高い方がたくさん生産されているな」

「このタンパク質は温度に関する何かユニークな機能を持つのかな」と調べていくわけです。

また、グラフの形式も変えることができます。
直感的な操作から様々なデータの見方を試せるのも面白いポイントです。

以上がSAP HANA Cloudを用いたテーブルの作成および簡単な分析の説明になります。

 

3. SAP HANA Cloudに関する感想

皆様の中には「これって、Excelのピポットテーブルと何が違うの?」と
思われた方はいるのではないかと思います。実は私もその一人でした。

たしかに今回の操作に関して言えば、ピポットテーブルとの違いが分かりにくいのも事実です。しかし、もう少し視野を広げて考えてみましょう。SAP HANA Cloudの良さが見つかるかもしれません。

例えば、あなたは国際的な研究チームのボスだとします。研究チームのボスとして、あなたは世界各地にいる研究者たちの進捗具合に応じて、臨機応変に実験プランを立てる必要があります。このような場合、どのようにして全研究者の進捗状況を把握すればよいでしょうか?

Excelの場合を考えてみましょう。
まず、研究者たちは実験データをあなたへ送信します。あなたは送られてきたデータを統合し、実験の進み状況を把握します。しかし、この手法では研究者の数が増えるにつれ、手間と時間がかかることは明らかです。

では、SAP HANA Cloudの場合はどうでしょうか?
各研究者たちは、自身の実験データを直接テーブルに追加し、更新します。
あなたがやるべきことは、SAP HANA Cloudからデータを取得するだけです。
これにより、日々更新される研究の進捗状況を常にリアルタイムで追うことができます

この強みは、研究に限りません。
特に、企業の経営は迅速な意思決定がカギを握ります。SAP HANA Cloudを利用すれば、日本各地の部署の営業記録や海外の子会社の生産状況もリアルタイムで把握することができます。

このようなリアルタイムのデータ管理をSAP HANA Cloudが支えているわけです。

以上で、本ブログの説明は終了です。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました!
少しでもSAP HANA Cloudのこと、SAPのことに興味を持っていただければ幸いです。

それでは!

Assigned tags

      Be the first to leave a comment
      You must be Logged on to comment or reply to a post.