Skip to Content
Technical Articles
Author's profile photo Rena Takahashi

SAP S/4HANA Cloud Extended Editionを実装するための5つのゴールデンルール

※この記事はこちらの記事の抄訳です

SAP Advent Calendar 2020 の12月4日(金) への寄稿です

 

 

SAP S/4HANA Cloud SAP S/4HANA Cloud, extended edition などの ERP クラウドソリューションには、標準プロセスに対して1 年間で複数の更新があるという利点があります。利用顧客は、イノベーションアズアサービス (Innovation-as-a-Service) で、段階かつ継続的にイノベーションを行うことができます。

多くの顧客は、将来の導入ロードマップ上で、SAP S/4HANA Cloudのシングルテナント版のsingle tenant edition 最初に選択します。ここで問題となるのは、最終的に SAP S/4HANA Cloud を近い将来に導入する際に、Extended Edition の実装をどのように変更するのかということです。まずは、SAP S/4HANA Cloud の導入についておさらいしましょう。

single tenant edition のシナリオに影響する主な特性は以下のとおりです。

  • ビジネスプロセスは、Best Practices Explorer で公開されている SAP Best Practices
  • (スコープ決定のための)スタータテナント、品質テナント、本稼動テナントで構成される3 層のランドスケープ
  • SAP API Hub で公開されているホワイトリスト記載済 API を使用した通信シナリオや手順との、高度に標準化された統合
  • ビジネスプロセスを拡張するためのアプリ内拡張とサイドバイサイド拡張 (変更なし)
  • 四半期ごとのアップグレードを可能にする回帰テストの自動テスト

SAP S/4HANA Cloud, extended edition の実装は、以下の特性に近づく必要があり、5 つの普遍的ルールにつながります。

ルール 1.クラウド第一主義の促進

イノベーションを継続し、どの部分でも標準機能を使用する。ビジネスプロセスを拡張する前に、標準を使用できるかどうかを必ず確認します。ソフトウェア実装を使用して、効率と効果を高めます。最初に標準プロセス (SAP Best Practices) を評価して、スコーピングの Fit-to-Standard を使用します。

継続的に学習してください。迅速に調整できる学習組織を構築しましょう。

ルール2.SAP Best Practices の使用 – How-to Fit-to-Standard

Best Practices for SAP S/4HANA Cloud, extended edition は、Best Practice Explorer で公開されています。

開発システムを使用して、SAP S/4HANA Cloud でスタータシステムと同様に動作するクライアントを準備します。

  • ビジネスドリブン設定質問表を使用して、Fit-to-Standard の準備を行います。
  • クライアント 000 を回避します。
  • システム設定は新規プロセス (スコープアイテム) の準備のみに使用します。
  • ビジネスプロセスモデルおよびテストスクリプトを使用して、登録されたすべてのプロセスを文書化します。
  • 1 つの管理領域のみにします
  • すべてのデルタ要件を文書化し、それらを実現するための実現可能性と工数を決定したす
  • *new* SAP S/4HANA Best Practices および SAP Model Company バージョン 1809 以上を使用し、クラウドコンテンツアーキテクチャーガイドラインに準拠します。クライアント 000 設定のコピーはしません。

 

ルール 3 および 4 は、統合および拡張の定義方法です。

 

ルール 3.クラウドライクインテグレーションホワイトリストの AP を推奨

この 2 つのクラウドソリューションはコードラインを共有しますが、技術的な違いがあります。「統合」というトピックはその違いのうちの 1 つに挙げられます。導入時に、統合されたビジネスプロセスは、単一システムプロセスのような革新的なサイクルを経ます。実現化の技術詳細を決定する際には、両方の ERP クラウドソリューションで利用可能なホワイトリスト記載済 API の使用が推奨されています。シナリオで利用できない場合は、API ロードマップおよび代替品の利用可能性 (非ホワイトリストインタフェース) を評価する必要があります。見つかったすべてのインターフェースを文書化して、「クラウド型」の統合の数とそうでない統合の数を確認します。

ルール4.クラウドライク拡張

第一の選択肢は、常にシステム設定を使用して新規プロセス (スコープアイテム) を登録することです。これが可能であれば拡張を回避することができます。ただし、要件がSAP S/4HANA Cloud, Extension Edition における複数のオプションに対して当てはまる場合は、拡張回避が常に可能であるとは限りません。IMG および SE80 による、広範な拡張オプションがありますが、これらのオプションのほとんどは SAP S/4HANA Cloud では使用できないことに注意してください。SAP S/4HANA Cloud Extended Edition では、キーユーザー拡張 y およびサイドバイサイドでの拡張でも、ホワイトリスト記載済 API の使用をお奨めします。

 

ルール 5.選択肢を明確化する

常にゴールデンルールが適用できるとは限りません。その場合は非ホワイトリスト記載の API を使用する必要があり、独自のテーブルで拡張する必要がある場合もあります。これは、顧客が実装方法を決定することです。クオリティゲートごとに、これらのルールに関する分析を含めることをお奨めします。

: ホワイトリスト記載済 API を使用している統合の数と使用されていない統合の数。

また、プロセスモデルやテストスクリプトなどの設計文書を将来再利用して、その時点で行われた選択肢を理解することもできます。SAP では、新しい Best Practices および API を年に複数回提供しており、顧客が SAP Best Practice にどの程度近づいているかについて将来評価するために、マルチテナントパブリッククラウド環境への将来の移行には、現在の Single Tenant Edition 実装に関する文書が不可欠です。

 5 つのルールまとめ

クラウドで、統合や拡張のようなクラウドが可能な標準を選択し、透明性を保ちましょう。

Assigned tags

      Be the first to leave a comment
      You must be Logged on to comment or reply to a post.