Skip to Content
Product Information

SAP NetWeaver の Databases and Operating Systems が Support Assistant で公開されました

もう、Support Assistant を試しましたか?


Support Assistant
は、インシデント作成の補助および解決の時間短縮するために正しいコンポーネントとエキスパートのエリアを絞り込み、お問い合わせ内容を分析するために必要な情報を得るための質問を行います。
また、Support Assistant は、お問い合わせ内容についてのソリューションおよび関連情報の提案を行います。

SAP NetWeaverのデータベースとオペレーティングシステムが Support Assistant で利用できるようになりました。Support Assistant には、次の手順でアクセスできます:

  1. ココからインシデントの作成アプリケーションにログインします
  2. 問題に関するシステムを選択してください
  3. Product / Topicエリアを選択します:SAP NetWeaver > Databases and Operating Systems
  4. [Support Assistant]ダイアログが表示されます

Product領域では、ツリー構造で以下の6種類のデータベースと2種類のオペレーティングシステムで分類されています。

  • SAP MaxDB and liveCache
  • Oracle Database
  • Microsoft SQL Server
  • IBM Db2 for Linux, Unix and Windows
  • IBM Db2 for z/OS
  • Adaptive Server Enterprise
  • Linux Operating system
  • Microsoft Windows Operating System

例えば、[Microsoft SQL Server] を選択すると、下記の図で説明するように問題が分類されています。

左側の枠には、情報収集のために関連する質問が表示されます。これらの質問には、お客様が見落としがちな情報が含まれておりますので、各質問に対して正しく回答することでインシデントの処理時間を短縮することが可能です。
右側の枠には、問題のトラブルシューティングと解決について役立つ可能性のある推奨ドキュメントが表示されます。推奨されたドキュメントにより、事前にこの問題に関連する情報を確認したり、何かのヒントを見つけることによって、ご自分で解決策を発見することができれば解決までの時短にもなり、一番望ましい結果になります。

システムからの質問に答えることでその回答は、自動的に Support Assistant の履歴に登録され、インシデントの内容として保存されます。Support Assistant がインシデント作成の手助けとして、お問い合わせ内容をより完全なものとすることで、SAPサポートのインシデント作成時間及び、処理時間を短縮してくれます。

 

ご意見をお待ちしております。
私たちは、このツールの保守及び、更新によりコンテンツを新鮮で関連性のあるものに保つことに取り組んでいます。
データベースとオペレーティングシステムテクノロジーの新しいインシデントを作成する際は Support Assistant を使用し、コメントまたはインシデントを介してご意見をお聞かせください。

Be the first to leave a comment
You must be Logged on to comment or reply to a post.