Skip to Content
Technical Articles

SAP Conversational AIをTeamsから使うセットアップ手順

Tutorial「How to Create a Skype or Microsoft Teams Chatbot using SAP Conversational AI and Microsoft Azure」を見ながらMS TeamsからCAIを使うセットアップする手順です。

権限などが面倒なので、プライベートのメールアドレスでAzureを使います。この種の設定は権限でトラブルことも多いのでAzureの認証に会社のユーザ(メールアドレス)は使いません。また、認証で面倒にならないようにCAI以外はChromeのシークレットモードで設定していきます。

Teamsは特に問題なく会社のアカウントで使えました。

2020/9/15追記 新チュートリアル「Deploy an SAP Conversational AI Chatbot to Microsoft Teams」が作られていました。

設定手順

Step 1: Create a chatbot with SAP Conversational AI bot building platform

CAIにChatbot作成。Greetingだけつけています。詳細は割愛。

Step 2: Create an account in Microsoft Azure (for Teams integration)

すでにアカウントは持っているのでリンク先からログインします。あとはクレジットカード情報などを入れました。以前、入れたような気もしたのですが・・・

以前Free Trialは使っていたのでもう使えず、Upgradeしろと言われ、支払いを覚悟したのですが、「No technical support」というFreeプランがあったので選択しました。

Step 3: Bot registration in Microsoft Azure

Azure Portalで上の検索窓から”bot”と入力して検索をし、”Bot Channels Registration”を選択します。

以下のスクリーンショットのように詳細を入れていきます。

App IDとpasswordは、とりえずAuto createにしています。

Tutorialに”Messageing endpoint”は「後で入れる」と書いてあったのでブランクのままにしておきます。

SubscriptionとPricing tierはお金がかからないように注意して選択しました。

作成したBot Channels RegistrationのSettingsから「Microsofut App ID」のブロックがあるのでまずはIDをコピーしておきます。そして、リンクの「Manage」をクリック。

遷移した画面先でNew client secretをクリックして新しいclient secretを作成。適当にDescriptionを入れてExpiresはデフォルトの1年にしたまま。

これで画面上にclient secretが出るのでコピーします。

 

Step 4: Connect SAP Conversational AI and Azure with the Bot Connector

CAIの画面に移りConnectタブを開きます。

AzureのBot Channels Registration でコピーしておいた”Microsoft App ID”と”client secret”(Passord)をペーストして、CONNECTボタンを押します。すると、少し下に「Messaging endpoint」が表示されるのでその値をコピーしておきます。

Azure PortalのBot Channels Registration画面に戻り、コピーしたエンドポイントをペーストして保存します。

Step 5: Test your bot

Test in Web Chatからテストをすると見事にGreeting(「Hi there!」)が返ってきました。

※シークレットモードで最初テスト画面が開かなかったので、下の画面でクッキーを受け入れるモードにしました。

Step 6: Connect your bot to channels like Teams

Bot Channels RegistrationのChannelsからTeamsを選択します。

デフォルトのままでSAVEするだけ。

保存後に一覧にTeamsが追加されるので、リンクをクリック。

これで使えるようになります。

一度、会話をすればChat相手として残ります。ちなみにこの方法だと、どのアカウントのTeamsからでも使えてしまいます。

Appsとして公開するには他手順が必要みたいですが、調べてません。

(10/7追記) 「Building Intuitive Conversational Experience using SAP Conversational AI SDK」に書かれていますが、Teamsの認証と別にBotの認証を加えようとするとBot Connectorに認証を追加する開発が必要そうです。

Be the first to leave a comment
You must be Logged on to comment or reply to a post.