Skip to Content
Personal Insights

S4HCのFioriテーマを自社仕様にしてみたい

はじめに

これまで、Fioriの説明の際に
「会社のロゴを入れたり、デザインを変えたりすることもできますよ~」
と紹介してきました。

しかし、実際に変えてみたことはありませんでした。

先日、Fiori の openSAPコースをやってみたら、思ったより気軽に変更できそうだったので
「ぜひ自社のS4HCデモ環境で試してみたい!」と考え、夏の自由研究としてやってみました。

設定自体はとても簡単にできますので、やったことを共有します。

この記事は chillSAP 夏の自由研究2020 の記事として投稿しています。

やり方

最初、FioriといえばPortal、という思い込みがあり、Portalのチュートリアルをやってみましたが、完全な寄り道でした。(Cloud Foundry版のポータル、面白かったです)

正しくは UI Theme Designer というサービスを使います。

こちらにドンピシャのブログがあったため、この通りにやりました。

SAP S/4HANA Cloud : Setting up Custom UI Theme

(手順については、スコープアイテム 2TV でダウンロードできるテストスクリプトや設定手順もぜひ参考にしてください)

やったこと

  1. 会社のロゴやコーポレートイメージの画像を準備する
  2. UI Theme Designer でユーザ定義テーマを作成して公開する
  3. Neo環境に themes アプリを作成してデプロイする
  4. SAP S/4HANA Cloud でスコープアイテム 2TV を有効化する
  5. SAP S/4HANA Cloudの通信契約を設定する

かんたんです。

ここからは、特に気づいた点について紹介します。

UI Theme Designer でユーザ定義テーマを作成

編集画面では、右側のアイコンによって、設定のレベル感が変わります。

簡易テーマ設定

通常SAPロゴが表示されている箇所に、会社ロゴを設定できます。

詳細テーマ設定

背景にコーポレートイメージの画像を設定します。

背景の不透明度を調整すると、邪魔にならない程度の淡い色合いにできます。

アイコンの色をコーポレートカラーにしてみます。

この3点だけで、なかなか自社オリジナル感が出ました。

作成して「公開」をすると、SAP Cloud Platform 上にHTML5アプリが作成されます。

Neo環境に themes アプリを作成

手順どおり、用意されているコードを neo-app.json にコピ&ペーストし、SAP Cloud Platformにデプロイします。

ヘルプによると、下記の役割があり、これを通じてユーザ定義テーマにアクセスできるようです。

Application Descriptor ファイル neo-app.json を使用し、テーマにアクセスするためのテーマ設定サービスへのパスをマッピングすることにより、SAPUI5 アプリケーションの動作を設定します。

S/4HANA Cloud 通信契約の設定

通信契約を設定していくと「追加プロパティに、プロパティ名がない…?」となります。英語ではちゃんと表示されるので、単に日本語のラベルが用意されていないみたいです。

手順書にあるとおり、下記の順番で設定してください。

  • テーマID(全ユーザのデフォルトになる)
  • テーマ名(設定しない場合は UI Theme Designer で設定したテキストに)
  • 追加のテーマID(追加テーマとして選択できるようになる)

 

ここまで!

このステップで、保存時にエラーが発生しました。

先ほど作成したユーザ定義テーマが認識されず、エラーとなってしまいます。

理由:トライアルアカウントのテーマは反映されないため

残念ながら、トライアルアカウントで作成したテーマは使えないようです。(OSS回答)

一夜にしてデフォルトのテーマを入れ替えて、驚かせようと思ったのに…!

SAPCP の有償環境と、S/4HANA Cloud 環境をお持ちの方は、ぜひ試してみてください。

気になること

S/4HANA Cloud の 2TV のテストスクリプトでは、Neo環境での設定方法しか提示されていません。

UI Theme Designer 自体はCloud Foundry環境にも用意されています。Cloud Foundry 版のヘルプの適用手順にも同じこと(neo-app.json)が書いてあるので、おそらく同じ手順でいけるとおもいますが、未検証です。(Cloud Foundryのトライアルにはありませんでした)

→追記:現時点ではS/4HANA Cloud は Neo環境のテーマデザイナーにしか対応していないそうです。(OSS回答)

感想

想像以上に手軽にイメージを変えられるツールでした。
開発スキルなしで、画面を好き勝手に変えられるのは、非常に楽しいです。

いつか有償のSAPCP環境を入手したら、今度こそ S/4HANA Cloud 向けテーマを作って適用したいと思います。

Be the first to leave a comment
You must be Logged on to comment or reply to a post.