Skip to Content
Personal Insights

Discovery Card Game やってみた

はじめに

SAP には SAP Activate という導入方法論があります。フェーズごとのタスクや成果物が定義されていて、それをサポートするための参考資料も提供されています。
→詳しくはRoadmap Viewer

SAP S/4HANA Cloud 向け SAP Activate 方法論の Discovery(構想)フェーズにある、スコープを決めるタスクの内容が、いつのまにか、「ユーザがカードゲームをやる」というタスクになっていました。

ゲームやれって言われても、英語だし🙁

となったのですが、ゲームを紹介するブログに「このゲームを開発した背景」の説明がありました。

SAP S/4HANA BOARD GAME, virtual version release

従来のアプローチでは、顧客はパワーポイントに飽き飽きしており、集中できないため、最初の5分でプレゼンテーションへの興味を失い、セッションで提供された情報の25%以下しか覚えていません。

これはたしかに、同意しかない。
その状況を回避できるなら、素晴らしいのでは?
と思い、まずはやってみることにしました。

バーチャル版もあるのですが、SAPの方のファシリテートが英語になりそうなので、今回は物理版を社内のメンバと(架空の経理ユーザになり切ってもらって)実施しました。

ここでは、実施手順と、やってみてわかったこと、今後の展望を共有します。

この記事は chillSAP 夏の自由研究2020 の記事として投稿しています。

どんなゲーム?

ゲームボードは、すごろく風。
(写ってるカードはペラペラかつガタガタですが、本番のときは厚紙に印刷して裁断機でカットします…)

Capability(機能)カードと、Value(価値)カードの組合せで、読み合わせていきます。

事前準備

  1. Roadmap Viewer のアクセラレータから、ファイルをダウンロードし、ゲームカードとボードを印刷する
  2. ゲームカードをカードサイズにカットする
  3. ユーザマニュアルを読み、ゲームのやり方を理解する

ゲームの進め方

ユーザマニュアルを読んでもやり方が100%理解できたわけではないのですが、今回はこれでやりました。

  1. ゲームの目的と進め方の共有(技術的なことを深堀するのではなく、ハイレベルのスコープ決めがゴール)
  2. Capabilityカードと Valueカードをそれぞれシャッフルして、全員に配る
  3. ゲームボードの順番に、該当するCapabilityカードを持っている人と、Valueカードを持っている人が、それぞれカードの内容を読み上げる(順番はサイコロを振っても、ランダムで進めても良い)
  4. 1分で話し合って「採用」「不採用」もしくは「保留」を決める(時間厳守。1分延長まで)
  5. 「採用」の場合は「今すぐ」「短期」「中期」「長期」のタイムラインを決める
  6. そのプロセスのオーナーとなるメンバーを決める(オプション)
  7. 機能名とオーナーをふせんに書き出し、イノベーションマップに貼る
  8. ポイントをプレーヤーの得点に追加する
  9. すべてのCapabilityに対して実施し終えるまで 3~8を繰り返す

実施結果

予定1時間半のところ、2時間かかって終了しました。

作成したイノベーションマップ

(中期は何もしないらしいです。)

イノベーションマップのイメージ図

得点表イメージ図

やってみてわかったこと

良い点

  • 道具立てにゲーム感があり、わくわくする
  • 参加者がカードを読み上げて、チームで相談して採用・不採用を決めるスタイルなので、当事者感がある
  • これまで気づいていなかった機能や、他システムとの統合の可能性について知ることができる
  • 機能がもたらす「価値」に着目するので、システム導入を前向きにとらえられる
  • ゲームが終了すると、自然に成果物ができている

気になった点

  • 英語なので、書いてあることを理解して情報共有するのは非常に疲れる。ユーザが参加してやるゲームであれば、日本語対応は必須。
  • Capability カードと Scope Item がすべて事前にマッピングされているわけではないため、この結果だけでは Scope Item マッピングを確定できない。
    →別途、Capability と Scope Item のマッピング表を用意する?
  • 「固定資産管理」など、Scope Item的には確認が必要だが Capability としては用意されていない機能がある。
    →上記のマッピングで、どこにも当てはまらなかった Scope Item の扱いをどうする?
  • 「バリューマップ」「成熟度マップ」「潜在的な経済的価値の計算機」といった成果物は詳細が確認できなかったため、今回は作成していない。
    → S/4HANA Cloud extended edition 向けの Activate には情報がある。財務以外のLoBも実施して入力しないと、トータルでの価値はでなさそう。
  • ボードに書いてある順番で進める場合、似たような機能がグルーピングされているので、理解するのに効率は良い。ただ、あまり実感のわかない機能が続くと「…」という空気感になる。
    →サイコロでランダムに進めた方がゲーム感が出て良いかもしれない。
  • ゲームの進め方に関して「これで良いのか…?」という不安がある。

今後のアクション

ゲーム紹介ブログのコメント欄を見ると、「スペイン語版でやりたい」といった活動があるようなので、「日本語版でやりたい」という連絡をして、まずは打合せ予定となっています。進展あればまた共有させていただきます。

やってみたことで、日本語版の必要性も改めて感じたし、翻訳は大変そうだなと思いました…

2 Comments
You must be Logged on to comment or reply to a post.
  • Thank you Kato-san for sharing your SAP S/4HANA Board Game experience for customers to discover the business value and solution capabilities. Love the innovative approach, this is very engaging for our SAP customers in a virtual world.

    • Hi Saurabh
      Thank you for helping me understand this game. I already love this approach. I also want to try the virtual version next time.