Skip to Content
Technical Articles

はじめてのSAP HANA Cloud : Part 1 ~ HANAインスタンスの作成

本ブログでは、SAP HANA Cloud (以下、「HANA Cloud」) を初めて使われる方を対象に操作手順を解説いたします。内容は下記の通りです。

 

1. HANAインスタンスを作成する

2. テーブルとビュー(SQL View)を作成する

3. SAP Web IDEを設定し、プロジェクトを作成する

4. SAP Web IDEを使ってテーブルを作成し、データをロードする

5. SAP Web IDEを使ってInformation View (HANA View)を作成する

 

今回は「1. HANAインスタンスを作成する」です。

 

注意 : 掲載されているスクリーンショットはBlog公開時のSAP HANA Cloudのものです。最新の本番環境とは差異がある可能性があります。予めご了承ください。

 

SAP HANA Cloudのインスタンス作成の流れ

 

HANA Cloudのインスタンス作成は下記の4つのステップになります。

 

1. Sub Accountを作成する

2. Entitlement (権限)を付与する

3. スペース(領域)を作成する

4. HANA インスタンスを作成する

 

 

SAP HANA Cloudのインスタンス作成…の前に

 

HANA インタンスを作成するにはSAP Cloud Platform(以下、「SAP CP」) の基礎知識とお作法を理解する必要があります。

キーワードとして、「Global Account」、「Sub Account」、「スペース(領域)」などがあるのですが、それらの関係図は下記の通りです(一部簡略化しています)。

 

 

それでは、HANA Cloudインスタンスを作成するための前準備について解説いたします。

 

1. Sub Accountを作成する

「Account」とは「環境」を意味する言葉で「ユーザー」を意味するものではありません。

SAP CPの契約毎に作成されるGlobal Account配下にSub Accountを作成します。この操作はSAP CPの管理者が行います。

Sub Accountについての詳しい説明は割愛しますが、一般的には「開発用のSub Account」「テスト用のSub Account」、「本番用のSub Account」のように、一つのシステムで3つのSub Accountを作成することが多い(推奨)です。

 

2. Entitlement (権限)を付与する

Entitlementは「権限」、「資格」という意味で、「SAP HANA Cloudを使う権限」をSub Accountに対して付与します。

 

3. スペース(領域)を作成する

Sub Account配下に「スペース」を作成します。言葉通り、「領域」という意味で、この領域の中にHANAインスタンスを作成したり、アプリケーションを配置します。

1つの領域の中に複数のHANAインスタンスを作成することができます。

 

 

HANA Cloudインスタンス作成前の準備

 

それでは、まずはSub Accountを作成しましょう。ツールはSAP CPの「SAP Cloud Platform コックピット」を使用します。

新しいサブアカウント」ボタンをクリックして必要な項目を入力します。

Sub Account名はデータセンターや地域、開発用かテスト用かなどのキーワード、システム名を付与してもいいでしょう。例では、日本のAWSのデータセンターを使用しています。

ドメイン名はSub Account名と同様にしておくと管理が楽チンでしょう。

 

作成したSub Accountをクリックして、次の画面で「Cloud Foundry 有効化」ボタンをクリックして有効化します。

「Cloud Foundry」という用語の解説は割愛しますが、簡単に言うと「業界標準のクラウドアプリケーションプラットフォーム」の意味です(詳しい説明を知りたい方はWeb検索してみてください)。

 

「組織名( Organization Name)」の確認画面が出てきますが、Global Account名とSub Account名を組み合わせたものになります。

この解説についても割愛しますが、後の操作で時々登場するので「Global Account名とSub Account名を組み合わせたものがあったな」くらいの感覚で、まずは心に留めておきましょう。

 

次に「Entitlement (権限)」 をSub Accountに対して付与します。下記の手順にしたがって権限の設定画面を開きます。

 

HANA Cloudを利用するためには少なくとも下記の権限を付与する必要があります。

  • SAP HANA Cloud

  • SAP HANA スキーマ および HDI コンテナ

  • アプリケーションランタイム

Global Accountにて、これらの権限 の設定をしないと表示されませんので、もし、これらのサービスが表示されない場合は管理者の方に相談してください。

下記の図の通り、必要なサービスをチェックします。

下記の画面で、アプリケーションランタイムのメモリーサイズを指定するのですが、まずは4GBから始めてみましょう。1GBだと少し足りません。

このメモリーサイズは文字通り、アプリケーションが動作するためのもので、HANAのインスタンスが稼働する上では直接の関係はないのですが、HANAに対して色々操作する際に、このアプリケーションの実行環境が必要になります(こちらのBlog記事にて少し解説していますが、今読むのは危険です)。

設定できたら「保存」ボタンをクリックします。

次に「スペース(領域)」を作成します。

領域作成」ボタンをクリックして、領域の名前を付けます。「Development(開発)」を表す「Dev」をここでは入力します。

ユーザーIDにアサインする権限(ロール)の指定もあるので図の通り、チェックします。

 

HANA Cloudインスタンスの作成

 

いよいよ、念願のHANAインスタンスの作成です。

下記の図のように領域のエリアで先ほど作成した「Dev」スペースをクリックした後、左メニューに表示された「SAP HANA クラウド」を選択します。

 

右上の「インスタンス作成」ボタンをクリックし、HANAインスタンス(DB)名とDB管理者のパスワードを入力します。

次にメモリーサイズを入力します。CPU数と必要なストレージ容量はメモリーサイズに応じて自動計算されます。それらについては変更できません。

この画面でインスタンス作成を終了することもできますが、今回はHANA Cloudでの新機能、「SAP HANA Cloud, Data Lake」も使用可能にします。

このSAP HANA Cloud, Data Lakeは通称、「Relational Data Lake (RDL)」と呼ばれるもので、データウェアハウスシステムで多くの実績をもつ、ディスク型 & カラム型データベースエンジン、SAP IQの技術がベースとなっています。

データ容量は1TB単位で増やすことが可能です。1TB、4CPUから始めてみましょう。

 

次の画面ではこのHANAインスタンスに対して直接アクセスできるサーバー/クライアントのIPアドレスに関する設定を行います。各社のセキュリティ要件を鑑みて設定してください。

その後、「インスタンス作成」ボタンをクリックします。

 

HANAのインスタンスとRDLのインスタンスがそれぞれ作成され、起動します。

ステータスが「実行中」に変わったら、右下のバーから「SAP HANA コックピット」を選択してDB管理者ツールを開きます。

 

ユーザー名は上記の画面に「管理者ユーザ」項目に記載があった、「DBADMIN」になります。パスワードはインスタンス作成時に指定したパスワードです。

 

DB管理者用のツールである、SAP HANA コックピットが表示されました。左上の選択リストでメニューを選択して管理項目の表示を変更します。

SQL文を発行する場合は右上の「Open SQL Console」をクリックします。別ウィンドウ/タブでSAP HANA Database Explorer が開きます。

 

ちなみにこのSAP HANA Database Explorerは、HANAインスタンスのタイル表示の画面の右下メニューから直接開くことも可能です。

 

無事、HANAインスタンスが作成できました。ワクワクします。

早速、テーブルを作成したくなってウズウズしますが、初めてSAP CPに触れた方は少々、お疲れだと思いますので、その操作手順の解説は次回とさせていただきます。

次回は、DB管理者とは別のユーザーを作成して、そのユーザーでテーブルを作成したり、ビュー(SQL View)を作成する手順をご紹介します。

お楽しみに !!

 

3 Comments
You must be Logged on to comment or reply to a post.