Skip to Content
Product Information

SAP SQL Anywhere の分析関数

このページは、英語文書の抄訳です。

https://archive.sap.com/documents/docs/DOC-35603

 

ANSI 標準 SQL 2003 で追加された分析関数 T431、T611、および T612 は、1 つの SQL 文で複雑なデータ分析を行うもので、これらの分析機能は OLAP または On-Line Analytical Processing と呼ばれています。強化された SQL 言語には、分散、標準偏差、相関、回帰測定を計算する関数、そして window 関数と呼ばれる新しい aggregate 関数のクラスなどがあります。これらの関数は、これまで 自己結合、相関サブクエリー、テンポラリーテーブル、あるいはこれら全ての組み合わせが必要であったランキング、パーセンタイル、移動平均、累積和などの一般的な分析計算を ANSI 標準 SQL 1999 に含められた Group by 拡張 Cube、Rollup、Grouping Sets とともに1つの SQL 文で計算するための効率的なメカニズムです。このホワイトペーパーでは、SAP SQL Anywhere version 10.0.1 以降で利用できる OLAP 関数について解説します。

 

このドキュメントをみる

===

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

その他 SAP SQL Anywhere ブログページ や、SAP SCN Wiki などもご参照ください。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SAP SQL Anywhere」を選択
User Tagに「sql anywhere」「sql anywhere Japanese question」

を入力してください。

 

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================
ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

Be the first to leave a comment
You must be Logged on to comment or reply to a post.