Skip to Content
Event Information

SAP Inside Track Tokyo 2019 開催のご案内 #sitTokyo

最新SAP Technology topicを共有し合う、草の根コミュニティイベントSAP Inside Track

今年もSAP Inside Track Tokyo (sitTokyo) の季節がやってきました(2018年版の様子はこちら)。

各セッションのスピーカーは主にSAP TechEd 2019参加者が務め、SAP TechEd 2019の情報を中心にフィードバックします。

今回は日本発のSAPコミュニティ “chillSAP” 主催でお届けします。


日程2019年11月25日(月)、27日(水)、28日(木) 計3日

時間:受付開始 18:00、開会 18:30、閉会 21:00、ネットワーキング 21:00~

場所:SAP Leonardo Experience Center Tokyo (東京・大手町ビル)

参加対象者:

  • SAPコミュニティメンバー。SAPコミュニティメンバーでない場合は登録してください。
  • SAPテクノロジーのトピックに興味がある人は誰でも参加できます。
  • SAPカスタマー、パートナー、独立系コンサルタント、フリーランサー、スタートアップ、プレス、ブロガー、SAP社員、学生、SAPに関わる全ての方が対象です。

費用:無償

定員:各日100名 (※定員に達し次第締切) + chillSAP FacebookグループのFacebook Live 

スポンサー:

https://www.nttdata-gsl.co.jp/

https://www.espresso-tutorials.com/

   https://www.kyoso.co.jp/

 https://www.kobelcosys.co.jp/

https://www.wosco.co.jp/

https://www.sap-press.com/

https://news.sap.com/japan/tags/sap-leonardo-experience-center/

https://www.sap.com/japan/

個人スポンサー: 

 株式会社BeeX 代表取締役社長 広木 太様 @baborin

SAPジャパン株式会社 エヴァンジェリスト 吉越 輝信様 @teru4454

SNS / Social Mediaタグ: #sitTokyo #chillSAP

内容SAP TechEd 2019 フィードバック

※内容は検討中のため予告なく変更する場合がございますのでご了承下さい

  • ENT – Explorer the Intelligent Suite
  • INT – Integration Out-of-the-box
  • CAA-S4 – Digital Transformation
  • CAA-DEV – Cloud Application Architecture
  • AIN – Applied Intelligence
  • DAT – Next-Gen Data Management and Artificial Intelligence
  • UX – User Experience
  • SEC – Security by default
時間 11月25日(月) 11月27日(水) 11月28日(木)
18:00 受付開始 受付開始 受付開始
18:30

Opening

五十嵐 太樹, chillSAP

Opening

加藤 美野, chillSAP

Opening

大塚 將司, chillSAP

18:40

D1-ENT01

X+O, Workforce Management

平井 千勇, SAP Japan

X+Oのトピックとして、Qualtrics, Success Factors等を組み合わせたWorkforce Management。

[Document link]

D2-AIN01

Intelligent Enterprise Update – S/4HANA導入と並行して進めるイノベーション

関口 恭子, SAP Japan

Intelligent Enterprise 概要(1909 で提供されたシナリオ紹介)

[Document link]

D3-INT01

基調講演から読むSAPテクノロジの潮流~SAPテクノロジはどこから来て、どこへ行くのか~

山本 俊一郎, ABeam Consulting

基調講演には、開催年のテクノロジトレンドが色濃く反映されています。単年ではなく複数年に渡るテクノロジトレンドの変遷から、大きな流れが見えてきます。当セッションでは、基調講演での発表内容を中心に、SAPテクノロジの過去・現在・未来をお伝えします。

[Document link]

19:00

D1-UX01

Fiori 使わないと未来はない。SAPGUI撲滅キャンペーン

関原 正之, SAP Japan

SAPGUI ではできない Fiori のデモを紹介し、SAPGUIで無理強いをさせた残念プロジェクトをなくすキャンペーンネタです。

[Document link]

D2-AIN02

次世代Analytics製品のSAP Analytics Cloud(SAC)ってなんなの?どうなの?

笠嶋 瑞基, Accenture

SACの製品戦略, 機能整理, 今後期待の機能リリース。

[In preparation]

D3-INT02

Intelligent BPM → SAP Process Visibility

山澤 雅史, SAP Japan

Intelligent BPMを構成する製品群の中で新たに追加されたSAP Process Visibilityに関してご紹介します。

[Document link]

19:20

D1-UX02

Screen Personas 3.0を活用し、シンプルで楽しいFiori UXを!

S. K., Accenture

新しくなったScreen Personas について、その概要や技術詳細、具体的な実装方法などをご紹介します。

[In preparation]

D2-AIN03

いまやっておくべき、ブロックチェーン。

資延 香里, ABeam Consulting

幻滅期を迎え、2021年までには市場に浸透するとされるブロックチェーン。当セッションでは、ブロックチェーンを取り巻く状況や技術的なポイントをお伝えします。デモアプリを通じて、ブロックチェーンの可能性を感じ取っていただければウレシイです。

[Document link]

D3-CAA-DEV01

Intelligent Enterprise 実現に向けた拡張開発の必要性

吉村 研人, JSOL

Extension Factoryとは?Extension Factoryの将来と現状, クラウド拡張が必要な理由

[Document link]

19:40 休憩 休憩 休憩
20:00

D1-CAA-S401

デザインシンキングを活用して、S/4HANA化を成功させよう!!

冨本 靖彦, STNet

自社のS/4HANAプロジェクトへのデザインシンキングの活用事例。SAP TechEd後にSAPシリコンバレーオフィスの方/スタンフォード大学d.schoolの講師とディスカッションした内容も踏まえ、私が実践している自社への取り組み内容をご紹介。

[Document link]

D2-DAT01

ついに登場SAP Data Warehouse Cloud

小嶋 悟史, 三菱ケミカルシステム

SAP Data Warehouse Cloudのご紹介とTrial

[Document link]

D3-CAA-DEV02

Cloud Application Programming Model For Node.js/JAVA

Yunjie Ding, IBM Japan

Cloud Application Programming Model For Node.js/JAVA

[In preparation]

20:20

D1-CAA-S402

Nonコーディングツールの紹介  ~ どうするABAPer?【第二弾】 ~

井口 広志, 富士通

DX対応ABAPerへ進化する為には新しい開発手法やツールを調査/理解することが不可欠です。そこでSAP Cloud Platformにも登録されているNonコーディングツールとして欧米で注目されているMendixのPaaS開発ツールをご紹介します。

[Document link]

D2-DAT02

SAP HANAを用いたビジネスデータの活用について

小暮 健太, JSOL

SAP TechEd 2019で扱われたSAP HANAのAnalyticsを2つほどご紹介。

[Document link]

D3-CAA-DEV03

ABAP RESTful Programming Model

本名 進, SAP Japan

ABAP RESTful Programming Model

[Document link]

20:40

D1-CAA-S403

Basis必見!次世代型ランドスケープ管理ツール「SAP LaMa」の威力

西井 新, ABeam Consulting

SAP Lamaの概要+今回のTechEdでのNew発表情報をF/B。SAP LaMaのメリットはなんなのか。それがBasisの何を変えるのかをお伝えします。

[Document link]

D2-DAT03

SAP Data Intelligence がMLプロジェクトにどう役に立つのか

関口 恭子, SAP Japan

SAP Data Intelligence の概要とそれを使用したMLプロジェクトの事例紹介

[Document link]

D3-CAA-DEV04

簡易拡張を可能にするSAP Graph

玉木 理, SAP Japan

簡易拡張アプリケーション作成を可能にするSAP Graphについて概要をお話します。

[Document link]

21:00~

集合写真撮影

Closing

Networking

集合写真撮影

Closing

Networking

集合写真撮影

Closing

Networking

 

参加申込み方法
下記URLからお申込みください。

※満席となり次第、申込締切といたします。

満席のため登録を締め切りました。

https://events.sap.com/jp/sap-insIde-track-tokyo-2019/ja/registration.aspx

Organizer:

chillSAP members

大塚 將司 / chillSAP / World System Consultant Co.,Ltd

加藤 美野 / chillSAP / KOBELCO SYSTEMS CORPORATION

五十嵐 太樹 / chillSAP / NTT DATA Global Solutions Corporation

関原 正之 / SAP Technology Ambassadors

関口 恭子 / SAP Technology Ambassadors

Manabu Matsudate / SAP Technology Evangelist

Eri Tsutsumi / SAP d-eco


ご参加お待ちしています。

[English] https://wiki.scn.sap.com/wiki/pages/viewpage.action?pageId=526879011

Be the first to leave a comment
You must be Logged on to comment or reply to a post.