Skip to Content
Personal Insights

SAPの新技術と、コンサルタントの生活に与える影響

Felipe de Mello Rodriguesさんのこちらのブログ、

SAP new technologies and the impacts in the life of consultants

を読んだところ、SAPの新技術について網羅的にまとめられているだけでなく、SAPコンサルがどうキャッチアップするべきかの考察までが含まれていて、すっかり心打たれてしまいました。

Felipeさんの許可をいただけたので、ぜひこの素晴らしいこの内容が広まったら良いな・・・!とこちらで公開させていただきます。

Felipeさん、このような記事を書いていただいた上に、シェアすることを快く許可していただき、ほんとうにありがとうございます!!
Thank you very much, Felipe, for writing such an article and for giving me permission to share it !!

というわけで、以下はFelipeさんブログの日本語訳となります。「私」=Felipeさんと読んでくださいませ。機械翻訳よりはいくらかましになるようにがんばりましたが、お気づきの点があればぜひご指摘ください。

*********************************************************************************
私は最近、シドニーのブラジル人ITコミュニティに向けてプレゼンしてほしいという招待を受けました。SAPコンサルタントのキャリア育成に役立つように、私の経験をシェアすることが主な目的です。

これは、昨今のSAPコミュニティに関連するトピックである、SAPの新技術とコンサルタントの生活に与える影響について語るための、非常に良い機会だと考えました。

SAPは常にソリューションのポートフォリオを更新していますが、ここ10年の変化は記録的です。

多くの物事が凄いスピードで変化していて、技術の変化を追いかけることが非常に難しいです。
多くのコンサルタントは、変化をキャッチアップし、自分自身をITコンサルとして変革していく方法を見つけられていません。

長い間、最近の流れをキャッチアップしていなかった場合は、何が起きているのか把握するのは非常に難しいでしょう。

図1: 何が起こっているのか理解しようとしているSAPコンサルタント

 

この短いブログの中では、ここ10年にSAPの世界で起こった大きな変化について紹介します。最新のSAPソリューションをレビューし、それが以下のロールに与える影響を説明します。

  • アプリケーションコンサルタント
  • Basisコンサルタント
  • テクニカルコンサルタント

ABAPコンサルタントという言葉を使わなかったのは、もはやABAP開発だけのロールではないからです。ABAP、SAPUI5、HANA、SAP Cloud Platform、インテグレーション、Analytics など関連するすべての機能をカプセル化するために、テクニカルコンサルタントを使用します。

また、テクニカルのセクションがより詳細であることに気づくと思います。そこが私のフォーカスするメインの領域だからです。アプリケーションコンサルタントやBasisコンサルタントの方にもアイデアを共有したいと思いますが、ここに書かれている情報はすべて、過去数年の経験で学んだことに基づく、私の個人的な意見です。

あなた自身の考えを、ぜひコメント欄に自由に書いてください🙂

SAPにとっての大きな変化とメリット

過去数年間にSAPの動向をチェックしているのであれば、下記のどれかについては聞いたことがあるでしょう:

  • HANAデータベースの開発と公開
  • SAP ECC から S/4HANA への移行
  • インテグレーションのポートフォリオに、SAP Gateway および Odataサービスを含める
  • メインのユーザーインターフェースとして SAP Fiori を採用
  • クラウドの革新と、オンプレミスから SAP Cloud Platform への移行
  • SuccessFactors, Ariba, C/4HANAなど新しいクラウドソリューションがもたらすデジタル変革

私の意見では、SAP Cloud Platform のリリースがこの中で最も重要です。
SAPは、業界に大きな影響を与えているクラウドの戦略にフォーカスをあてることにしたのです。例として、いくつかのクラウドソリューションによってデジタル変革を引き起こしたり、SAP CPI(SAP Cloud Platform Integration)や、SAC(SAP Analytics Cloud)のように、クラウドに置き換えられる製品があります。

 

クラウド戦略はSAPにさまざまな利点をもたらしますが、私の意見ではこれらがもっとも重要です。

  • メンテナンスとサポートにかかる全体的なコストを削減します。(SAPノートがない世界を想像できますか?)
  • 従来のユーザーライセンスのアプローチではなく、サービスの利用に基づくライセンスにより、収益が増加します。
  • 標準のプロセスによりうまく適応できるような実装を、迅速に行えます。
  • 提供されるサービスリストを拡張し、さまざまな分野で革新を起こすことが容易になります。

SAPがデータセンター、インフラストラクチャ、およびソフトウェアのリリースを管理しているため、すでに展開されているサービスに問題を発生させることなく、ソリューションをアップデートしたり、革新的な新しいサービスをリリースすることができます。アップデートも速く、通常は四半期ごとにリリースされます。

顧客にとっては、消費ベースのライセンス価格になるというメリットがあり、SAPにとっても従来型のライセンス体系からサブスクリプション型になることで収益を増加させることができます。

拡張できる範囲が限定されるため、標準のプロセスに適応することにより注目が集まります。ただし、SAP Cloud Platform Extension Factory (Kyma) のアップデートにより、近い将来にはたくさんの選択肢が提供されると確信しています。この話題についてもっと知りたい場合は、Rui Nogueira さんの The next evolution for extensions – the SAP Cloud Platform Extension Factory を読むことをおすすめします。

コンサルタントのメリットについてはどうでしょう?

最初のうちは、これまで私たちが積み重ねた知識と経験を脇において、すっかり最初から新しい知識を習得しにいかなくてはならないことにメリットを見出すのは難しいでしょう。

私たちにとっての一番のメリットは、SAPが快適なゾーンを抜け出して、市場についていくために新しい技術に多大な投資をしている、ということです。これにより、ビジネスは拡大し、競合他社と戦うことができますが、コンサルタントにとっては、SAPが時代遅れの技術となり市場で遅れをとったりしない、という点で同じように素晴らしいです。

もしあなたが私とは異なる意見をお持ちだとしても、私たちが快適なゾーンを抜け出してSAPが提供する新しい知識を学びにいかなくてはならない、という事実は変わりません。

スキルアップの旅

SAPが与えた影響

最初にコンサルタントが直面するのは、以下のSAP戦略によって起こる問題です。

  • 競合他社と比較した技術の遅れを取り戻すために進化を加速する
  • 新会社を買収する
  • 製品ブランド名の変更が繰り返される
  • 潜在的に重複しているソリューションがある

SAPは、複雑なビジネスプロセスと強力なデータ処理機能でよく知られていましたが、ユーザーエクスペリエンスやクラウド機能などの分野で競合他社に比べて大きく遅れていました。それを取り戻すために、これらの戦略を必要としています。

この進化のプロセスをサポートするために、SAPはさまざまなIT企業を買収し、そのソリューションを主要ポートフォリオ(Hybris、SuccessFactors、Ariba、Callidus、CoreSystems、Qualtricsなど)に組み込んでいます。

では、SAPコンサルタントはどうやってこれらをキャッチアップすれば良いでしょうか。

SAP Press と SAP Learning Hub と Open SAP

トレーニングを探しているSAPコンサルタントは、通常これら3つのオプションのいずれかを使用します。

SAP Pressは、2013年にSAP GatewayとSAP Fiori / SAPUI5の開発について学び始めたときに、最初の選択肢の1つでした。非常に詳細な内容が網羅されており、物理的な書籍を入手することも、オンラインで参照することも可能です。価格は内容に対して適正です。

SAP Learning Hubは、認定取得のための教材や、教室でのトレーニング教材のための公式プラットフォームです。値段が高すぎて、教室でのレーニングはチェックする機会がありませんでしたが、このオンラインクラスはうまく機能しています。現在、私の会社は社内トレーニングのためにこのプラットフォームへのアクセスを活用しています。必要に応じて限定されたサブスクリプションを購入することもできます。前述のとおり、認定に関する公式のトレーニング教材はすべてLearning Hubから入手できます。他のプラットフォームでも追加情報を見つけることができますが、認定試験を受験する場合は、このコンテンツに頼ることが最良の選択肢です。

Open SAPは最後のオファリングであり、SAPがリリースした最新の技術に関する情報を提供する無料のトレーニング教材、という面白いコンセプトです。コンテンツは絶えず更新され、コースの最後には認定を受けることもできます。教材の中にはかなり良いものもあります。(例:ハンズオンを含むSAP Fioriコース)しかし、ほとんどのコースでは表面的な概要しか紹介されていないため、実際のプロジェクトで要求されるスキルへのギャップを埋めるには不十分です。

プロジェクト経験の欠如

プロジェクト経験はSAPのコンサルタントの生活に欠かせない部分です。ハンズオンなしでの技術習得は非常に困難です。しかし今後、これは言い訳にはなりません。一部の製品は開発者向けのトライアルを利用可能です。新技術を使用したプロジェクトで作業できなくても、適切なエクササイズでトレーニングを開始できます。

たとえば、SAP FioriとSAPUI5に興味のある人は、SAP Cloud Platformを介してトライアルアカウントに登録し、Web IDEにアクセスして演習を行うことができます。HANAの機能を調べたりHANA XSを学びたい場合も、SAP CPトライアルを使用するか、ローカルVMにHANA expressのイメージをインストールすることができます。

サブスクリプションやインストールをどのように進めるかを理解したい場合、 SAP Tutorial Webサイトがあります。開発を始めるために必要な手順がすべて示されている演習や、インストールガイドが多数あります(例:HANA express)

スキルアップジャーニーとして、一般的なステップの大部分を網羅しました。ここからは、コンサルタントロールごとの領域についてもう少し深く説明します。

アプリケーションコンサルタント

S/4HANAとデジタル変革

ECCからS/4HANAへの移行と、SuccessFactors、Ariba、および C/4HANA のような他システムの理解が必要です。

モジュールの単純化と再構成

いくつかの標準テーブルが使用されなくなり、多くのプロセスが更新されています。Financeはこの変更の影響を最も受けているモジュールの1つです。コンサルタントはこれらの変更を考慮する必要があります。

新しいユーザーインターフェース

SAP FioriSAPUI5の登場により、SAP GUIに依存しなくなり、トランザクションはWebアプリケーションに置き換えられました。SAP Fioriの主な目的の1つは、巨大なトランザクションを減らし、会社内の各ビジネスロールに焦点を絞った簡単なアプリケーションを提供することです。コンサルタントは、システム内の新しいタッチポイントを理解する必要があります。

SAPクラウドアプリによる設定と拡張性

オンプレは依然としてSAP市場の大部分を占めていますが、SAPが主なソリューションをクラウドに移行しているため、将来的にオンプレを見つけることは困難になります。

クラウドソリューションを使用すると、保守工数が低下しますが、拡張性も影響を受けます。S/4HANA Cloud ではSPROはもう利用できません。クラウドで利用可能な特定のFioriタイルを通して拡張と構成を提供します。選択肢が限られており、全く異なるプロセスを通して実行されることを意味します。

Basisコンサルタント

SAPは新しいソリューションをクラウドで提供しており、インフラがSAPデータセンタに移ってしまうと、将来的にBasisコンサルタントの居場所をそこに見つけるのは困難になりそうです。ただし現在のところは、オンプレのインストールのために大きな市場があります。

特定のSAPコンポーネントのインストール

HANAデータベースやS/4HANAのような新製品のインストールでは、要求されるいくつかの特定のコンポーネントがあり、新しいアーキテクチャーを理解しないと実装するのが非常に難しい場合があります。例をいくつか示します。

  • APLやPALのようなPredictive Analyticsに使用されるHANA AFL(アプリケーション機能ライブラリー)
  • S/4HANAインスタンスでのS4CRM アドオン
  • S/4HANAでの企業検索(TREXなし)

 

他のクラウドプロバイダー(AWS、GCP、Azure)の知識

AWSまたはAzureの知識が、SAPインスタンスのインストールを調整するのに役立ちます。Basis兼クラウドアーキテクトの需要が増えています。

また、SAPはGoogle Cloud PlatformおよびMicrosoft Azureとのパートナーシップに注力してきました。SAPテクノロジに関連しないトピックを理解するのに最適な時期です。

テクニカルコンサルタント

私は過去5年間これらのソリューションのほとんどを扱ってきました。熟練したテクニカルコンサルタントになるために、少なくともそれぞれの一部を理解する必要があります。 私のおすすめに異論がある人もいるかもしれませんが、私はこれらが顧客に優れた技術的解決策を提供するために最も良いビジョンを提供できると信じています。

SAP FioriとSAPUI5(UIとUXの戦略)

SAPソフトウェアおよびアプリケーション用に設計された新しいユーザーエクスペリエンスです。
フロントエンド開発に大きな変化があります。

SAP Fioriは5つの原則に基づいています。ロールベース、アダプティブ、シンプル、コヒーレント、そして楽しさです。
主な目的は、巨大なトランザクションメニューを減らし、会社の従業員それぞれにシンプルなUIを提供することです。

SAPUI5のライブラリは、新しいWebアプリケーションのすべての基礎です。
javascriptのコードに基づいており、あなたはWebIDEかHANA Studioを通してアプリケーションを開発することができます。他のユーザインタフェースは、ABAP WebDynproおよびScreen Personasを介してサポートされています。

重要なトピック:

  • SAP Fiori
    • SAPUI5
      • カスタムアプリ
      • Mixed apps (smart controls)
      • Fiori Elements
    • ABAP WebDynpro
    • Screen Personas

ABAP 開発

ABAP開発は現在も行われていますが、ユーザーインターフェースの大部分がSAP Fioriに移行され、データ処理もコードプッシュダウンによりデータベースレベルに移行したため、カバーする範囲は狭まります。

ABAPは、SAPゲートウェイ、BOPF、さらにABAP CDSを介したコアデータサービスの開発など、非常に重要なコンポーネントをまだサポートしています。

重要なトピック:

  • ABAP 開発
    • ABAP OO (まだ関連します)
    • New ABAP 7.5+
    • さようなら SAP GUI!
  • SAP Gateway と OData
  • ABAP CDS
  • BOPF
  • BRF+

ABAPはSAP Cloud Platform にも移行され、ABAPでデプロイできるオプションが用意されました。
将来のABAP開発について広く知りたいのであれば、Carine Tchoutouo Djomo さんの Evolution of the ABAP Programming Model を読むことをおすすめします。

HANA開発

HANAデータベースは、トランザクション機能と分析機能の機能を1つのDBにまとめたものです。SAPによって作成されたインメモリデータベースは、リアルタイムで信じられないほどの応答率で複数のクエリを実行する機能を提供することで、お客様に独自のエクスペリエンスを提供します。

HANAの出現により、ABAP開発の範囲は大きく狭まりました。コードプッシュダウンにより、データモデリングとデータ処理はDBレベルに移行します。

HANAはまた、2層のみのシナリオ(データベースおよびUI)用のHANA XS(拡張アプリケーションサービス)と呼ばれるインスタンスも提供します。

重要なトピック:

  • HANA XS
    • Classic
    • Advanced (cloud-foundry)
      • SAPUI5
      • Javascript/Node.js
      • CDS (Core Data Services)
  • コードプッシュダウンの戦略
    • Virtual Data Model
    • ABAP CDS / HANA CDS (Core Data Services)
    • AMDP (ABAP database managed procedures)
    • SQL Script and Open-SQL (Consumption in ABAP)
  • HANA AFL (アプリケーション機能ライブラリ)
    • e.g. PAL and APL for Predictive Analytics

SAP Cloud Platform

SAP Cloud Platform は、以前は HANA Cloud Platform(別名HCP)として知られていました。ソリューションの背後にある概念は同じです。SAP CP の主な利点は、SAPが独自のデータセンターを管理し、インフラストラクチャ、セキュリティ、およびソフトウェアの更新を担当していることです。サービスのリストは広範囲であり、DevOps、機械学習、分析、データ管理、モバイル、ユーザーエクスペリエンスなどのさまざまな分野を網羅しています。

ここ数年、SAP は新しいクラウドアプリケーションの開発において品質と応答時間を改善するために、Cloud Foundry に従うことを決定しました。この変更では、インフラを再利用するために他のクラウドプロバイダと新しい協定も結びました。

今日では、Neoインスタンス(SAPデータセンター経由でデプロイ)またはCloud Foundryインスタンス(他のクラウドプロバイダー経由でデプロイ)を選択することができます。2つのモデル間のサービスのリストは少し異なりますが、このリンクから現在の機能を調べることができます。

注:以下のリストにはSAPCPのすべてのオファーが含まれているわけではありませんが、私が個人的に探求し学ぶために重要なサービスのリストを掲載しています。

重要なトピック:

  • Web IDE
  • Cloud-foundry
  • SAP HANA Service
  • Integration
    • CPI (Cloud Platform Integration)
    • OData provisioning
    • API 管理
    • Open Connectors
  • Extension Factory
  • ブロックチェーン & Internet of Things (IoT)
  • モバイルサービス
  • ABAP environment (on-cloud)

Integration と APIs

PIのコンサルタントもまた再適応に直面します。オンプレミスのシナリオではPI / POが依然として推奨されていますが、SAP Cloud Platformでは、Cloud Platform Integration、API Management、Open Connectors を含む新しい統合ツールを提供しています。

SAP Gateway も統合ポートフォリオの重要な部分ですが、焦点はまったく異なります。SAP PI/POは複数のシステム間のインターフェースを接続および編成するSOAミドルウェアとして機能し、SAP Gateway はデータにアクセスする簡単な方法を提供します。

重要なトピック:

  • オンプレミス
    • SAP Gateway と OData
    • SAP PI/PO
  • SAP Cloud Platform
    • CPI (Cloud Platform Integration)
    • OData provisioning
    • API 管理
    • Open Connectors

Analytics

SAP BW / BOスペシャリストの役割も、大きな変化に直面しています。HANAは同じDB内での分析モデリングのサポートを提供するので、多くの新技術とリアルタイムレポートがあり、SAP BWと同じ経験にはなりません。

S/4HANAでの Core Data ServicesとEmbedded BWの利用について、探求すべきです。新しい BW/4HANA はまたその前身(例えばADSO)と比較して多くの違いがあります。

もちろん、BIとData Warehouseについての概念を理解して顧客に最適なソリューションを提供することが望ましいのですが、最も重要なことはバックエンドで利用可能な新しいオプションと、最良のユーザーエクスペリエンスを提供する方法を理解することです。

フロントエンドでは、SAP Analytics Cloud、SAP BusinessObjects、および SAP Fioriと SAP Smart Business Services の新しいアプリケーションが提供する最新のソリューションを利用します。

重要なトピック:

  • バックエンド
    • HANA CDS / ABAP CDS
    • S/4HANA Embedded BW
    • BW/4HANA
  • フロントエンド
    • SAP Analytics Cloud (SAC)
    • SAP BO (Business Objects)
      • Lumira Designer
      • Web Intelligence (WebI)
      • Analysis for Office (AFO)
    • SAP Smart Business Service (on-premise and cloud)
      • KPI Design
      • Analysis Path Framework (APF)
      • Query Browser
    • Fiori Elements
      • 概要ページ
      • Analytical List Page
      • Analytical UI5 Components (e.g. Charts)

SAP Leonardo

SAP LeonardoはSAPが探求したすべてのイノベーション分野を集約しています。SAP Leonardo ML Foundation、ブロックチェーン、 Internet of Things(IoT)のように、この分野でSAPが発表したいくつかの製品があります。

並行して、他のクラウドプロバイダーのインフラストラクチャやサービスを利用するためのパートナーシップについて検討を進めています。SAP Leonardoの主要トピックに関連するギャップを埋めるためです。私はこれらについて深く探求する機会がまだありませんが、基本を理解することは非常に重要だと思います。

重要なトピック:

  • デジタルトランスフォーメーション
  • IoT & ブロックチェーン
  • ビッグデータ
  • Predictive Analytics
  • Machine Learning

結論

ついに、私たちは終わりにたどりつきました!

この記事は、シンプルなアイデアとゆるやかな段落から始まりましたが、最終的には大きなアイデアや専門的な経験の共有になりました。 これらの情報がSAPの世界で働く人の助けになるように願っています。

このような興味深いテーマを探求し、プレゼンする機会を提供してくださったIT.BRオーストラリアのチームに感謝します。

あなたがコンテンツを楽しんでいただけたことを願っています 🙂

2 Comments
You must be Logged on to comment or reply to a post.
  • 参画プロジェクトの同僚より、考えさせられるブログだとシェアされて、このリンクたどり着きました。

    参画プロジェクト以外の時間がとれず、最新情報へのキャッチアップに投資する時間が乏しいというのは、永遠の悩みです。
    ただ、このブログは整理された幅広い情報と、キャッチアップ方法への示唆を与えてくれるすばらしいものだと思いました!
    共有ありがとうございます。他の同僚にシェアさせていただきます。

    • 箱田さん、コメントありがとうございます!

      私はただつたない訳を提供しただけなのですが、日本語があるだけでちょっととっつきやすくなって、導入プロジェクトの皆様にも広まるなら、すごく嬉しいです。

      TechEdなかまにも響いて良かった🙂

      こういう知識を積極的に共有し合うことが、限られた時間でスキルアップするための手段のひとつと考えています。