Skip to Content

2018年5月24日に行われたSAP Tech JAMの会場案内用アプリ開発に使用した

プロダクトに関して記載しています。

 

SAP Tech JAM会場案内用アプリはiOSネイティブアプリとして配信いたしました。

 

アプリ開発ではSAP CloudPlatform SDK for iOSを利用し、

SDKのサポートによるSAP CloudPlatformとiOSアプリの連携を

実現しています。

 

本記事ではSAP CloudPlatform SDK for iOSを利用したiOSネイティブアプリ作成の

手順について説明します。

 

【内容】

  1. 事前準備
  2. SAP CloudPlatform OData接続設定
  3. SAP CloudPlatform Mobile Service設定
  4. Xcode/SAP CloudPlatform SDK for iOSでのプロジェクト作成

 

【前提】

以下のブログを参考に、ODataサービスを準備してください。

SAP CP Trial環境のHANA DB設定

SAP HANA CalculationViewの作成

 

1.事前準備

SAP CloudPlatform SDK for iOS のダウンロード

https://www.sap.com/japan/developer/topics/cloud-platform-sdk-for-ios.html

上記URLの「無料ダウンロード」からSAP Storeへ遷移し、

SAP-CP-SDK-for-iOS.dmgをダウンロードし、インストールします。

インストール後、アプリケーションに

SAP Cloud Platform SDK for iOS Assistantが追加されます。

 

 

Xcode(IDE)のダウンロード

https://developer.apple.com/jp/xcode/

App Storeもしくは上記URLからXcodeをダウンロードし、

インストールします。

 

※※※この手順を実行する環境について※※※

本手順は以下の環境で動作することを確認しています。

SAP CloudPlatform SDK for iOS Assistant Version 2.1.401
Xcode Version 9.2 (9C40b)

※※※※※※※※※

 

2.SAP CloudPlatform OData接続設定

SAP CloudPlatformのNeo環境へアクセスします。

Cockpit画面のメニューからConnectivity→Destinationsを押下します。

 

 

New Destinationを押下し、新規の接続先を設定します。

以下のパラメータを設定してください。

項目 設定値
Name mdcOData
Type HTTP
Description ※任意
URL ※【前提】で作成したODataサービスのURL
Proxy Type Internet
Authentication BasicAuthentication
User DEMO_USER
Password ※mdcユーザー(DEMO_USER)のパスワード

 

※※※設定したODataサービスをWebIDEで使用する場合※※※

右側のNew Propetyをクリックし、以下のパラメータを追加します。

項目 設定値
WebIDEEnabled true
WebIDESystem mdcData
WebIDEUsage odata_gen

※※※※※※

上記のパラメータを入力後、Saveを押下します。

 

3.SAP CloudPlatform MobileService設定

Cockpit画面のメニューからServicesを押下します。

SAP CloudPlatform上のサービス一覧が表示されるので、

「Mobile Service」カテゴリにある「Development & Operations, std」を押下します。

初期ではServiceが”Not enabled”になっているため、Enableを押下し、有効化します。

 

サービスの有効化が完了すると、Take Actionのリンクが有効になります。

Go to Serviceを押下します。

 

Mobile Service画面で新しいアプリの作成を押下します。

以下のモーダルが表示されるので、必要項目を入力します。

 

項目 入力値
設定テンプレート ネイティブ
ID ※任意のID
名前 ※任意の名称
説明 ※任意
ベンダ ※任意

 

入力後、保存を押下します。

正常に保存された場合、作成したアプリケーションの設定画面へ遷移します。

作成したアプリケーションにはコネクティビティの設定がないため、

不完全な設定と表記されています。

アプリケーションにODataの接続設定を行います。

左側のメニューにある接続先を押下し、新規接続先を作成します。

 

表示されるモーダルに以下のパラメータを入力します。

次へを押下します。

その後表示されるパラメータを変更せず、保存まで実行してください。

 

接続先の設定を行ったあと、先程作成したアプリケーションの設定画面に戻り、

コネクティビティを押下します。

 

コネクティビティの「+」を押下すると以下のモーダルが表示されます。

先程作成した「mdcOData」が表示されているため、

それを選択し、OKを押下します。

mdcODataがアプリケーションに設定されたあと、再度設定画面を確認します。

割当済機能のコネクティビティにOKが表示されていれば設定完了です。

 

4.SAP CloudPlatform SDK for iOSを利用したプロジェクト作成

1.事前準備でインストールしたSAP CloudPlatform SDK for iOS Assistantを起動します。

まずはじめに、SAP CloudPlatformのアカウント設定を行います。

MobileServiceでアプリケーションのプロジェクトを作成したアカウントを登録してください。

 

左上の設定ボタンを押下します。

+を押下します。

アカウントタイプは”Mobile Service”を選択し、Continueを押下します。

アカウント情報を入力します。

項目 入力値
Account Name ※任意(アカウント登録名)
Admin API URL ※下記確認方法を参照
Admin UI URL ※下記確認方法を参照
Authentication Basic Authentication
User Name ※SAP CP アカウント
Password ※SAP CP パスワード

 

必要項目を入力後、Addを押下します。

 

※※※Admin API URLとAdmin UI URLの確認方法※※※

SAP CloudPlatformのMobileService画面へアクセスします。

画面左下の重要なリンクを押下します。

上記の箇所にAdmin API URLとAdmin UI URLのURLが記載されています。

 

※※※※※※

 

SAP CloudPlatformアカウントの追加が完了したら、

プロジェクトの作成を行います。

右上の「+」ボタンを押下し、新規プロジェクトを作成します。

プロジェクトの作成画面が表示されるので、

必要項目に入力します。

 

入力後、Nextを押下します。

Cloud Configuration画面のAccount項目に、

先程登録したアカウント名が表示されていることを確認します。

「Use Existing」タブの「Select…」を押下します。

事前に作成したMobileServiceのアプリケーションを選択します。

 

Nextを押下します。

 

OData Service画面のDistinations項目に事前に設定した

接続先名が表示されていることを確認し、Nextを押下します。

 

Optional Features画面ではEnable Remote Notifivationsのチェックを外します。

 

Finishを押下します。

 

iOSアプリのプログラムソースがジェネレートされ、

Xcodeが起動します。

 

起動したXcodeのRunボタンを押下することで、

ODataサービスに接続されたサンプルアプリが実行されます。

 

エミュレータでアプリの動作確認が可能です。

自動生成したサンプルアプリにはODataサービスの参照・追加・更新機能が実装されています。

また、Fioriコンポーネントのライブラリが含まれており、

このアプリをベースにSDK for iOSを利用したiOSアプリを作成することが可能です。

 

以上の手順でまでを説明させていただきました。

投稿内容に関する質問・ご指摘等いただければ幸いです。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply