Skip to Content

——————————————————–
このページは、2018年2月に Former Member によって書かれた英語のブログの抄訳です。
2016年4月に Former Member によって書かれた英語のブログ

Smart Business KPI Modeller – DesignTime

最新の情報については、英語ページを参照してください
——————————————————–

 

KPI 作成手順

 

ステップ1 : Fiori Launchpad に KPI Modeler のタイルが表示されています。

ステップ2 : タイル「KPI 登録」をクリックします

 

ステップ3 : タイトルを入力し、内容説明を入力、目標タイプで「最大化」「最小化」「範囲」から選択します。

ステップ4 : SAP HANA View バリューヘルプで SAP HANA View を検索します。

ステップ5 : HANA View を選択し、OData サービス バリューヘルプで ODataサービスを検索します。

ステップ 6 : ODataサービスを選択し、エンティティセット バリューヘルプでエンティティセットを検索します。

ステップ 7 : エンティティセットを選択し、メジャー バリューヘルプでメジャーを検索します。

入力されたリストからメジャーを選択します。

ステップ 8 : 「評価を有効化して追加」をクリックします。

ステップ 9 :「評価を有効化して追加」をクリックした後、「評価の追加」ページが開きます。
このページでは、いくつかのフィールドがあらかじめ入力されています。
このデータはKPIからフェッチされます。

ステップ 10 : 「追加メジャーの選択」 で値を選択します。

ステップ 11 : オプションフィルタで値を設定します。

ステップ 12 : 値タイプを設定します。

ステップ 13 : 「目標、しきい値、トレンド」を入力します。

ステップ 14 : タイルの有効化と設定をクリックします。

ステップ 15 : タイル追加をクリック、タイル追加画面が表示されます。

タイルフォーマットの変更(ユースケースごとに)、タイトルの変更(ユースケースごとに)、サブタイトルの変更(ユースケースごとに)、
要件ごとに他のフィールドを選択します。

ステップ 16 : 「ドリルダウンの保存と設定」をクリック、ドリルダウン詳細設定画面が表示されます。
評価を選択し、設定ボタンをクリックします。

ステップ 17 : メジャーとディメンジョンの選択。KPI メジャーはデフォルトで選択されています。

ステップ 18 : ビジュアライゼーションタイプを選択し、ビューを保存します。

ステップ 19 : 設定を保存します。

ステップ 20 : Fiori Launchpad のタイルカタログに移動し、作成したKPIタイルを検索、「+」アイコンをクリックしてタイルをグループに追加します。

 

ホームに戻ると、選択したグループのタイルが表示されています。

 

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply