Skip to Content

目的

このページでは、「パフォーマンス警告: データベース “database” では、サーバ用に設定された最大値 Y にページサイズ X が一致せず、キャッシュの非効率的な使用の原因となっています。」というデータベースコンソールログメッセージの意味について説明しています。

概要

実行中の各データベースエンジンは、すべてのデータベースにわたるキャッシュ用に使用する単一の固定ページサイズを使用します。 このキャッシュページサイズは、データベースエンジンの起動時に設定され、最小値は2048バイトです。

サーバーキャッシュのページサイズは、データベースの最大ページサイズと少なくとも同じ大きさでなければなりません

実行中の各データベースエンジンは、キャッシュ用に使用する単一の固定ページサイズを使用します。 このキャッシュページサイズは、データベースエンジンの起動時に設定され、2048バイト(2K)の最小値を持ちます。

各データベースは、固定ページサイズを使用します。これは、データベースの作成時に設定されます。 このデータベースページサイズの最小値は2048バイト(2K)です。

既定では、エンジンが1つのデータベースで開始されると、キャッシュページのサイズはデータベースのサイズと一致します。 データベースエンジンのコマンドラインで複数のデータベースが起動された場合、キャッシュページのサイズは、デフォルトでデータベースページサイズの最大値に設定されます。

キャッシュページサイズは、実行するデータベースのページサイズと少なくとも同じ大きさでなければなりません。 エンジンのページサイズを明示的に、ロードするデータベースよりも大きな値に設定する場合は、-gp engineコマンドラインスイッチを使用して設定できます。 エンジンの操作中にページサイズの大きなデータベースを動的に開始できるようにするには(START DATABASEを使用するなど)、これを行うことができます。


ページサイズの不一致

キャッシュページサイズがデータベースページサイズより大きいデータベースエンジンを起動すると、データベースコンソールログに次の警告メッセージが表示されます。


dbeng16 -gp 8192 demo.db

パフォーマンス警告: データベース “demo” では、サーバ用に設定された最大値 8192 にページサイズ 4096 が一致せず、キャッシュの非効率的な使用の原因となっています。
キャッシュページごとに1つのデータベースページのみ

1つのデータベースページだけを1つのキャッシュページに入れることができます。 したがって、2Kのページサイズを持つデータベースと4Kのページサイズを持つデータベースの2つを開始すると、2Kページサイズのデータベースページに使用されるサーバーキャッシュページは半分になります。 このため、1つのデータベースサーバ上で同時に開始されたすべてのデータベースで共通のページサイズを使用することをお薦めします。

 

関連コンテンツ

 

関連ドキュメント

-gp データベースサーバオプション

最大ページサイズの考慮事項

START DATABASE 文

ヒント:適切なページサイズの使用

 

関連する SAP Notes/KBAs

 

このページは、以下の英語ページの抄訳です。
Database Server Cache Page Size vs. Database Page Size

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply