Skip to Content

SAP HANAプラットフォームのテクニカルエバンジェリストを担当している松舘です。

 

エンタープライズデータとビッグデータをつなぐ、SAP HANA Voraあらため、 SAP Vora の最新版1.4が先日リリースされました。


ブランディング変更

お気づきのことと思いますが、名称からHANAを省き、SAP Voraとなりました。

従来より、SAP Voraは単体で動作することが可能でしたが、名称が原因でSAP HANAが必須と誤解を与えることがありました。

今後は、シンプルに SAP Voraとなりました。


1.4新機能

1.3では、分析エンジンを搭載し、データのある場所でそのまま分析が行えるよう、プラットフォームとして強化されました。1.4では、さらに以下の機能が強化されています。

  • 最適化されてインメモリリレーショナルエンジン – Transaction Coordinator (TxC)の優れた機能を活かしエンジン(時系列エンジン、ディスクエンジン)をまたぐジョイン性能を向上させました
  • 改善されたモデラーUI – グラフエンジンとドキュメントストアをサポート。データモデル(View, キューブ)のデータプレビュー機能を搭載。
  • SAP HANAへのvoraodbc アクセス
  • SAP Cloud Platform BigData Services (fka Altiscale Data Cloud)がSAP Voraをサポート予定
  • パフォーマンス改善(データロード、クエリ実行】

今後もさらなる分析機能を提供していく予定です。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply