2016年10月吉日

お客様各位

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

SAP SQL Anywhere のハンズオンセミナーのご案内を申し上げます。

 

本年度は、Oracle SE1 の市場である中小規模システムや、パッケージソフト、さらには、クラウドやモバイル、SAP HANA とのデータ連携など、マルチにご利用いただけるRDBMS SAP SQL Anywhere について定期的にセミナーを開催しております。

 

SAP BusinessObjects のデフォルトリポジトリ DBとして採用されていることからSQL Anywhere に興味をもたれたお客様も多いのではないでしょうか。

 

今回は、午前と午後の2部構成とし、午前の第一部にテクニカル概要(講義)、

午後の第二部にハンズオン:1stステップとしてインストール、DB作成、DBの起動と接続、

テーブルの作成、2ndステップとしてバックアップやリカバリなどを予定しております。

 

次回 11/24開催予定の Oracle からSQL Anywhere へのマイグレーションセミナーとともにご参加いただければ幸いです。

 

世界で1200万以上のインストール実績を誇る SQL Anywhere をパートナー様のビジネスにぜひご活用ください。

 

皆様のご参加を、心よりお待ちいたしております。

 

 

【触ってみよう! 簡単高機能 RDBMS SAP SQL Anywhere ハンズオンセミナー】

 

◆日時と場所:

・日時:2016年11月2日(水)

午前の部(第一部):10:30~11:30(受付開始:10:15~)

午後の部(第二部):13:00~16:30(受付開始:12:45~)

 

・場所:SAPジャパン 本社 セミナールーム

〒102-8022 東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル

http://www.sap.com/japan/tokyo

 

◆アジェンダ:(予告なく変更する場合がございますのでご了承下さい)

◇午前の部:第一部

10:30-11:30 SQL Anywhereテクニカル 概要 (講義形式)

 

◇午後の部:第二部

①13:00-14:30 SQL Anywhere 1st ステップ (ハンズオン)

インストール、DB作成、DBの起動と接続、テーブルの作成、

 

②15:00-16:30 SQL Anywhere 2nd ステップ (ハンズオン)

バックアップ、リカバリなど

(途中参加可能です。以下【注】参照)

 

◆受講対象者:

(non-ERP)アプリケーション開発者、データベース管理者

 

◆費用:無償

 

◆ハンズオンの環境について

・ハンズオンで使用するパソコンは、以下要件を満たす機種のご持参をお願いいたします。

弊社ではご用意いたしませんのでご注意ください。

-OS: Windows 7、8、10、2003/R2、2008/R2、2012/R2

(32bit、64bitどちらでも可)

-メモリ: 2GB以上

-ディスク: 空き1GB以上

・当日は、SQL Anywhere 17の無償Developer Editionを使用します。

可能な方は、事前にこちらからダウンロードください。当日コピーも可能です。

https://go.sap.com/cmp/syb/crm-xu15-int-sqldevft/index.htm

【注】ハンズオンの2ndステップから参加いただく場合には、SQL Anywhereのインストールが完了している事

 

◆前提スキルについて

以下のスキルをお持ちの方を想定したハンズオントレーニングとなっております。

– Oracle、SQL Server等のRDBMS製品で開発もしくは運用等の経験のある方

【注】ハンズオンの2ndステップから参加いただく場合には、1st ステップまでの知識をお持ちの方

 

◆補足事項:

・本ワークショップはSAPエデュケーションが提供する各種トレーニングの代替とすることを目的としておりませんので、あらかじめご了解いただきますようお願いいたします。

 

◆募集人数: 30名(定員に達し次第締め切らせていただきます)

 

◆次回開催予定セッション内容:

11/24 (水)13:00~(予定)Oracle から SQL Anywhereへのマイグレーションセミナー

スキーマの移行、SQL変換、データ移行、具体的な SQLの違いなど

 

◆お申込方法:

こちらへご連絡ください。
第一部、第二部ともに、ご参加希望の場合は、両方にお申込みをお願いいたします。

 

以上

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================
ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply