Skip to Content

こんにちは、QUNIEの柏木です。

他の弊社メンバーはだいぶ尖ったことを記載していますが、私は基本的なところからゆっくりと進めていきます。。

今回はSAP BusinessObjects Cloud(BOC)にて、Textファイルを使った可視化のデモを行います。

ポイントはズバリ

  • BOCを使えば、手元のファイルを簡単に可視化する事が出来る


です。

BOCでは、色々なデータソースを可視化することが出来ますが、今回は手元のファイルを取り込んで可視化する手順を紹介します。

以下の様なデータがあるとします。

データ.PNG


どこかの幼稚園の生徒のデータですかね。むつごろうもいます(笑)。

これを可視化しましょう。

今回の可視化のステップを簡単に記述すると、以下の流れになります。

  1. ファイルデータの取り込みを選択
  2. 取り込んだファイルの各項目をディメンション(分析の切り口)orキー数値(分析すべき対象)に別ける
  3. データ探索ビューにて、2で取り込んだデータを可視化する
  4. 3で可視化したデータを、キャンバスへコピーし、保存

まずは、BOCにログインします。すると下記のような画面が出てきますので、一番左の「データへの接続」を選択します。

BOC.PNG

ファイルデータの取り込みを選択

「データへの接続」を選択すると、以下の画面が出てきます。

データの選択.PNG


上記データをタブ区切りファイルにしてローカルに保存してありますので、今回はこれを読み込みます。

なおファイルはCSVでもOKですが、JISだと文字化けしますのでご注意ください。


「ファイルインポート」を選択>「ソースファイルの選択」>ローカル上などに保存をしたファイルを選択してOKを押下します。

取り込んだファイルの各項目をディメンション(分析の切り口)orキー数値(分析すべき対象)に別ける

ファイルインポートが完了すると、以下のデータ操作画面が出ます。

model.PNG

デフォルトの列名は、Col〇△のような表記になってしまうので適宜修正してください。

また、このタイミングで文字列⇔数値の変換や、列の結合など各データに対して加工・編集が出来ます。

加工・編集が終わりましたら、保存ボタンを押下しましょう。


③データ探索ビューにて、2で取り込んだデータを可視化する

保存が終わりましたら以下の図のボタンを押しましょう。

botan.PNG

すると、以下のように画面がデータ探索ビューに遷移します。

先程のデータ操作画面で、以下のように設定しました。


メジャー:所持金

ディメンション:その他の項目

作成した項目名を選択すると、項目の内容から自動で適切なグラフを選択し可視化してくれます。

可視化の際には、画面にも記載されていますが、最低でもメジャーが1つ無いといけませんので注意してください。


tannsaku.PNG

実際に、メジャーと組を選択しますと、こうなります。

tannsaku2.PNG

簡単!さらに名前も加えますと

3.PNG

あら簡単!!

ちょっと横長で見にくい時は、下記囲いの「方向の変更」を押下すると

3.PNG

この様に!

4.PNG

④3で可視化したデータを、キャンバスへコピーし、保存。

ある程度、可視化作業が終わったら、キャンバスにコピーします。

キャンバスは他社製品Table〇uでいうところのダッシュボードに想定し、ストーリーという単位で保存されます。


1ストーリーに複数のキャンバスがページという単位で紐づくイメージです。

また、データ探索ビューはTabl〇auでいうシートに相当します。

では早速コピーします。囲いのボタンを押下>ページ1にコピーを選択するだけです。

すると画面が遷移します。また、キャンバスにコピーし保存をしたタイミングで、項目名がデフォルト表記から変わります。

もちろん、このキャンバス上でもグラフ形態を棒グラフ>バブルチャートなどに変更もできますし、値のソート等もできます!!

可視化した結果、そら組の方がお金持ちなのが判明しました(笑)


5.PNG

この様に、BOCでは手元のファイルを使って簡単に可視化が行えます。

今回は、ファイル選択>データ操作>データ探索>キャンバスへコピー、という手順を踏みましたが、

データ探索から、またはキャンバスからいきなり可視化を始めることも可能です。

Tablea〇より、柔軟であるところが私は好きです。

これであの製品より、かなりお安く使えます!!

と大切なところなので、赤字で記載しました。

もちろんファイルだけでなく、弊社が得意とするSAP HANA Cloud Platform、

オンプレのSAP HANA、SAP BWやERPなど様々なデータソースに対応しています。

次回こそは、前回のブログで予告した複製についてデモを交えて解説します・・。

実際レポートソリューションとして利用する際、データソース側が更新に併せ、

作成したビジュアルのデータを更新する場合のシチュエーションです。


その先では、HCPなどの他システムとの連携などもデモしていきたいです。

では!!!

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply