Skip to Content

===このセミナーは終了しました===

世界で1200万インストールの実績をもち、現在TPC-Cベンチマークにおいて価格性能比でダントツのトップを誇る、自己管理型 RDBMS SQL Anywhere。

 

SQL Anywhereは、Oracle SE1などの市場である中小規模システムやパッケージソフト、さらには、クラウドやモバイル、SAP HANAとのデータ連携など、マルチにご利用いただける 汎用RDBMSです。

 

アプリケーションにEmbedすることが可能なため、SAPでも、BusinessObjects の CMS や Audit データベースのデフォルトデータベースやSAP IQなど、ERP 以外の多くの SAP アプリケーションに Embeddedされ、アプリケーションの裏で稼働しています。

 

特にその優れた自動チューニングや自動管理機能により、多くのISV様が開発や運用コストを削減され、利益を拡大されています。

 

日本においても20年以上もの実績から、業務アプリケーションの顧客データ格納用データベースとして何万社ものエンドユーザー企業にSQL Anywhereは導入されています。

 

 

SQL Anywhereに付属するデータ移行ツールや、SAPが用意するSQLオブジェクト変換ツールを使用すると、想像されているよりもずっと容易にSAP SQL Anywhereへマイグレーションすることが可能です。

 

6/15のセミナーでは、このマイグレーションについて解説し、SQL Anywhereへの移行の容易性について実感いただきます。

 

 

詳細は、こちらをご覧の上、ぜひご参加ください。

 

 

 

 

BusinessObjectsにEmbeddedされているSQL Anywhereにつきましてはこちらをご参照ください。

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティ

に掲載しています。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================
ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply