Skip to Content

=== こちらのセミナーは終了しました ===

Oracle から SQL Anywhere へのマイグレーションセミナーを開催します。

ぜひご参加ください。

 

/wp-content/uploads/2016/04/seminaremail2_940572.png

 

The Best-Run Businesses Run SAP

SQL Anywhere 概要およびOracleからの移行事例紹介セミナー

現在TPC-Cベンチマークにおいて、価格性能比でダントツのトップを誇る自己管理型RDBMS SQL Anywhereへのマイグレーションセミナーを開催します。

/wp-content/uploads/2016/04/seminaremail1_940573.jpg

お客様各位

日本オラクルが中小規模システム向けの「Standard Edition One (SE1)」を廃止し、新たに「Standard Edition (SE)」のライセンス内容を変更した「Standard Edition (SE2)」に一本化するなど、データベース製品を取り巻く環境も少しずつ変化してきています。

本セミナーでは、このような状況の中、貿易関連ソリューションとしてトップシェアを誇る「TOSSシリーズ」を開発・販売される株式会社バイナル様をお招きし、「TOSSシリーズ」のデータベースをOracleからSAP SQL Anywhereに変更された背景や経緯、マイグレーションで苦労された点、導入効果などについて語っていただきます。

また、SQL Anywhere サーバーが特にISV様のパッケージソフトに向いている理由である自己管理や自己チューニング機能、豊富なツール類、SAP HANAを含め他社製データベースとのデータ同期が可能なMobile Linkなど、SQL Anywhere スイートに含まれるコンポーネント概要を含めたスイートの全体概要や、コストパフォーマンスの高いライセンスについてご説明いたします。

次回開催予定の技術セッションとともにご参加いただければ幸いです。

世界で1200万以上のインストール実績を誇るSQL Anywhereをお客様のビジネスにぜひご活用ください

                      【開催概要】

日時:     2016年5月11日(水) 13:00 ~ 15:30 (受付開始:12:45)

場所:     SAPジャパン 本社 セミナールーム

         〒102-8022 東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル

受講対象者:製品企画、アプリケーション開発者、データベース管理者 システム営業、システムプリセールスご担当者、コンサルタント

費用:    無料

募集人数: 50名(定員に達し次第締め切らせていただきます)

                      【アジェンダ】

1) SQL Anywhere の概要、ライセンスと価格

2) バイナル様事例

3) SQL Anywhere機能詳細

a) SQL Anywhereスイートに含まれるコンポーネント

b) SQL Anywhereサーバー機能

(自動管理、自動チューニング、HA、スケールアウト、アプリケーション埋め込み向け機能、他社データベースからのマイグレーション支援ツール)

c)クラウド版 SQL Anywhere, on-demand edition

*予告なく変更する場合がございますのでご了承下さい

※リモート接続で受講希望の場合は、お申込の際に「リモート接続希望」と追記ください。

お知らせ:次回開催予定セッションです。詳細が決まりましたらご案内いたします。

① 5/25 (水) 18:30~20:00 

SQL Anywhere 1st ステップ ハンズオンセミナーインストール・管理(バックアップ・リカバリなど)

②  6/15 (水) 13:00~(予定)SQL Anywhereへのマイグレーションセミナー

スキーマの移行、SQL 変換、データ移行など

お客様のご参加をお待ちしております。

SQL Anywhere につきましては、こちら および こちらをご参照ください。

SAPジャパン(株)

SQL Anywhere チーム 

.

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティ

に掲載しています。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================
ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply