プロトタイプが完成し、UIデザインが終了したら、開発ツールへインポートして、実際のデータのバインド、各種ロジックを組み込んでアプリを完成させます。

 

前提: SAP Web IDE アカウントを取得している事。 トライアル環境でもOKです。

参照 YouTube ビデオ:

 

1.  設定ドキュメントの確認

 

Splash にログイン: SplashApp https ://sap.experiencesplash.com からヘルプへジャンプします。

/wp-content/uploads/2016/02/ide_01_878986.jpg/wp-content/uploads/2016/02/ide_02_878987.jpg/wp-content/uploads/2016/02/ide_04_878988.jpg

 

2.  HCP コックピットで Destination の登録

 

Set Things Up のヘルプに従ってください。

  • ユーザ設定からデフォルトの組織の確認
  • WEB_IDE_PLUGIN の登録
  • Standard_TENANT の登録

 

3.  プラグインの有効化

 

前のステップで登録した Destination を読み込むため、 SAP Web IDE をリロードします。

Install the BUILD Plugin in Web IDE に従ってプラグインを有効化します。

 

4.  BUILD プロジェクトテンプレートでインポート

 

前のステップで有効化したプラグインを読み込むため、 SAP Web IDE をリロードします。

Create a Project in Web IDE に従ってプロトタイプをインポートします。

インポートできたら、テストモードでテストしてみてください。

5.  SAP Web IDE でJavaScript プログラミング

 

UI ビューは完成していますので、コントローラのJavaScript 部分ロジックを SAP Web IDE で開発します。

SAP Web IDE のハンズオンは クラウドでのアプリ開発: SAP Web IDE on HCP ハンズオン – まとめ を参照してください。

 

6.  まとめ

 

デザイン・シンキング -> プロトタイプ ->ユーザレビュー -> 開発の一連の流れを体験して頂きました。

ツール単体の機能ではなく、End-to-end でのプロジェクト運営を再考してみてください。

 

デザイン・シンキングでホットになった顧客との関係を冷ますことなく、すぐに動くプロトタイプで次のステップへ進める事が大きなポイントです。

 

ハンズオン・シリーズ:クラウドでのアプリ開発: SAP Web IDE on HCP ハンズオン – まとめ

 

To report this post you need to login first.

1 Comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply