Skip to Content

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に2011年2月に掲載したものです。Glenn はこの中で、スナップショットアイソレーションとマテリアライズドビューを組み合わせて使用する効果について語っています。

 

 

===

 

私は以前の記事で、スナップショットアイソレーションの使用に関するトレードオフについて解説し、マテリアライズドビューの時間空間トレードオフに関する資料を紹介しました。スナップショットアイソレーションについての記事では、私は次のように書きました。

 

もちろん、スナップショットアイソレーションもタダではありません。データベースシステムは、新規のスナップショットトランザクションを見越して、変更されたデータのアーカイブコピーを作成しなければならないのです。SQL Anywhereでは、スナップショットのローのコピーは自動的に管理され、必要に応じて一時ファイルに書き込まれます(一時ファイルのサイズは必要に応じて増加)。管理上の影響はほぼゼロですが、クエリのパフォーマンスには影響が出る可能性があります。スナップショットのローを、トランザクションのスナップショットセマンティクスに従って、一時ファイルに保存されているスナップショットのローから個別にフェッチしなければならないためです。パフォーマンスがどの程度低下するかは、ひとえにアプリケーションとそのワークロードに依ります。更新量が多い場合には、パフォーマンスの低下はひどくなるでしょう。

 

今回の記事では、特にSQL Anywhereサーバのトランザクションログとの関連で、スナップショットアイソレーションとマテリアライズドビューの関係を解説し、そのトレードオフについても取り上げようと思います。

 

 

マテリアライズドビューをリフレッシュする

 

遅延メンテナンス型のマテリアライズドビューの場合、マテリアライズドビューの基となるベーステーブルへの変更は、追加のロックや(即時)メンテナンスのオーバヘッドなしに進行していきます。つまり、更新トランザクションはベーステーブルの値またはローを変更し、COMMITの時点でその変更を確定します。しかしこの状態では、マテリアライズドビューの内容は古くなってしまいます。このようなマテリアライズドビューの古い内容をSQL文が利用できるかどうかは、そのクエリの接続に関するオプション設定に左右されます。ビューの内容をリフレッシュするには、そのビューに対してREFRESH MATERIALIZED VIEW文を発行します。このSQL文は、事実上、対象のビューを含んでいるベーステーブルに対してTRUNCATE TABLEを実行した後、すぐさまINSERT … FROM SELECTを実行してマテリアライズドビューにデータを挿入します。

 

一方、即時メンテナンス型のマテリアライズドビューの場合には、最初にビューにデータを挿入する時にだけREFRESH MATERIALIZED VIEW文が必要です。それ以降は、基となるベーステーブルに変更を加えたときに、同じトランザクション内で、そのベーステーブルを参照している即時メンテナンス型のマテリアライズドビューに変更が適用されます。このトランザクションは、完了時にCOMMITを実行して変更を確定するか、ROLLBACKを発行して変更を取り消します。

 

===

 

(続きは、2011年に翔泳社 CodeZine に掲載された翻訳記事をご覧ください。)

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティ

に掲載しています。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================
ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply