Skip to Content

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

この記事のオリジナルは、Glenn Paulley が sybase.com に2010年9月に掲載したものです。Glenn はこの中で、オプティマイザがどのようにクラスタードインデックスを利用するのか説明するとともに、クラスタードインデックスに関連する統計情報についても解説しています。この情報を理解することで、declareされたクラスタードインデックスが効果的に使用されているのか、またインデックスを再構築した方が良いのか判断するのに役立ちます。

 

===

 

SQL Anywhereはバージョン8.0.2以来、クラスタードインデックスをサポートしてきました。SQL Anywhereにおいて、クラスタードインデックスと非クラスタードインデックスの間に物理的な違いはありません。また、参照整合性制約のメンテナンスのために暗黙的に作成されるインデックスなども含め、すべてのインデックスはクラスタ化することができます。さらに、ALTER INDEX文を使うことで、クラスタ化の属性を追加または削除できます。ただ、このクラスタ化はあくまで検索の”手がかり”であり、クエリがORDER BY句を含む場合はやはりソート処理が必要です。

 

インデックスがクラスタ化されている場合(ちなみに宣言できるクラスタードインデックスの数は1つのテーブルにつき1つまでです)、ローが最初に挿入される際、データベースサーバは、テーブルページ内のローの物理的並び順を、クラスタードインデックスにおけるインデックスエントリの並び順にできるだけ一致させようとします。このようなクラスタードインデックスの利点は言うまでもなく、サーバがレンジスキャンの際にクラスタ化されたこの性質を活用できることです。クエリ処理時にクラスタードインデックスによる検索を行うと、読み込まなければならないテーブルページの数を最小限に抑えることができます。

 

クラスタ化に関する統計情報

 

SQL Anywhereバージョン10からは、インデックスがCLUSTEREDとして宣言されているかどうかに関係なく、データベース内の各インデックスのクラスタ化に関する統計がサーバによって管理されるようになりました。こうした統計情報はSYS.SYSPHYSIDXシステムビューで見ることができ、また次のようなクエリを使って検索できます。

 

 

 

(続きは、2010年に翔泳社 CodeZine に掲載された翻訳記事をご覧ください。)

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティ

に掲載しています。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================
ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply