Skip to Content

SAPクラウド演習1. ノンプログラミングでアプリを作ってみよう!Part 2. の最後で、アプリを公開した後、SAP Fiori launchpad にタイルを登録するポップアップがありました。

/wp-content/uploads/2016/01/ide7_864366.png

今回は、SAP Fiori launchpad を有効化して、今後、開発するアプリを全て SAP Fiori launchpad に登録していきましょう。

 

1. SAP HANA Cloud Portal の有効化

 

Part 1. SAPクラウド演習1. ノンプログラミングでアプリを作ってみよう!でブックマークに登録した SAP HANA Cloud Cockpit 管理者ツールから作業します。

 

右のSubscription から flpportal のアプリが登録されている事を確認します。

/wp-content/uploads/2016/01/portal_subscribe_864406.jpg

flpportal のアプリが登録されていない場合は、New Subscription から登録します。

/wp-content/uploads/2016/01/flpportal_864410.jpg

 

次に右の Trust  から Local Service Provider の Principal Propagation を有効にします。

/wp-content/uploads/2016/01/trust_864411.jpg

右の Services から SAP HANA Cloud Portal が Enabled になっているのを確認。 Not enabled の場合は Enable で有効化してください。

/wp-content/uploads/2016/01/portal1_864367.jpg

一番下のConfigure HANA Cloud Portal で管理者ロールを設定します。

Portal_config.jpg

TENANT_ADMIN ロールに自分のユーザID があることを確認します。

/wp-content/uploads/2016/01/tenant_admin_864390.jpg

 

1つ前の SAP HANA Cloud Poirtal に戻って、サービスへ移動

/wp-content/uploads/2016/01/portal_service_864412.jpg

2. SAP Fiori launchpad の設定

 

Cloud Portal の管理者画面が開きます。右の Site Directory から Fiori launchpad のサイトを登録します。Cloud portal では 顧客ポータルや、サプライヤ・ポータルを作れ、様々なレイアウトを選択できます。Fiori launchpad はその中の1つのタイプです。

/wp-content/uploads/2016/01/site_directry_864417.jpg

 

+ からサイトを登録

/wp-content/uploads/2016/01/site_create_864418.jpg

3. アプリの登録 (開始者作業)

カタログに今まで作ったアプリを登録します。

/wp-content/uploads/2016/01/app_create_864425.jpg

Add_catalog.jpg

Navigation.jpgNavigation タブでタイルの表示形式を設定します。

好きなタイトル、サプタイトル、情報、アイコンを指定して、最後に Create で登録。

/wp-content/uploads/2016/01/tile_864428.jpg

下のアクション・バーから、Site Preview を選択すると Fiori launchpad が開きます。ブックマークしておきましょう。

4. アプリの登録 (エンドユーザ作業)

/wp-content/uploads/2016/01/site_preview_864429.jpg

カタログにアプリは登録されていますが、グループにアプリを登録しなかったので、Fiori launchpad には何もタイルがありません。

これは正しい状態です。ユーザがカタログから必要なアプリを選択します。皆さんの持っているスマホと同じです。

左上の設定アイコンを選択して、タイルカタログを開きます。

/wp-content/uploads/2016/01/blank_864440.jpg

タイルカタログからアプリを選択してMy Home グループに登録します。

/wp-content/uploads/2016/01/select_tile_864441.jpg

左上のホーム・アイコンを選択して、最初の画面に戻ります。タイルが登録されて、選択するとアプリが実行されます。

/wp-content/uploads/2016/01/home_864446.jpg

今後、開発したアプリは Fiori launchpad に登録していきましょう。

 

高度な使い方として、Fiori launchpad 内でアプリ-アプリ連携ができます。例えば、営業受注の分析アプリから受注伝票参照アプリを呼んで、顧客詳細を見て、また、営業受注の分析アプリに戻るという使い方ができます。エンタープライズ基幹システム用途にはうれしい機能です。

アプリは1つの作業を完了する小さな単位で構成しておくと、再利用ができます。コードの再利用ではなく、動くアプリを再利用して連携して使う方式です。

 

次は SAPクラウド演習3. SAP Fiori Client

 

To report this post you need to login first.

2 Comments

You must be Logged on to comment or reply to a post.

  1. vishu handa

    Hi

     

    Thanks for above tutorial but  i am not getting any option under services > sap hana cloud portal > configure service in my sap hana cloud platform cockpit.

     

    Please guide 

    Thanks 

    Vishu Handa

    (0) 

Leave a Reply