Skip to Content

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

http://scn.sap.com/community/lumira/blog/2015/11/21/whats-new-in-sap-lumira-129-summary

みなさん、こんにちは。

みなさんがSAP Lumira 1.28 のさまざまな機能を使いこなしていただいて高い生産性を発揮いただいていることと思います。前回のSAP Lumira 1.28 の登場から約3ヶ月が経過して、新機能をご紹介するちょうど良い機会となりました。そう、お待ちかねのSAP Lumira 1.29 のご紹介です。

SAP lumira 1.29 は11月20日に正式にリリースされました。このリリースには非常に多くの新機能が組み込まれています。これらの新機能は多くのお客様やパートナーの皆様からのご要望を基に、SAP Lumiraの提供するデータディスカバリーをより直感的に行うことができるようになるだけなく、データに隠された重要な知見や価値を見つけ出すための機能を厳選してご提供しています。

こちらがSAP Lumira 1.29 におけるパワフルかつ新しい機能群の概要になります。:

  • SAP BW データ取得機能の向上および新しいデータソースおよびプラットフォームのサポート。
  • 取得データやHANA オンライン接続の場合のLumira ドキュメントの情報更新時の柔軟性の向上。
  • データバインディング、ヴィジュアライゼーションの作成、ストーリー構成を容易にする新機能。
  • ESRI社の地図を用いたヴィジュアライゼーションの作成。
  • Lumira ドキュメントのモバイル端末での利用。

スクリーンショット 2015-12-16 15.58.54.png

みなさまがお使いのSAP Lumira を最新バージョン1.29にアップグレードいただくことで、最新機能とそのメリットをすぐに実感いただくことができます。

それでは、これから主な新機能を見ていきましょう。:

SAP Lumira 1.29 ではユーザーはチャート上の参照線を作ることができるようになりました。

スクリーンショット 2015-12-16 16.09.07.png



より多くのチャートタイプで条件によるフォーマットを行えるようになりました。

スクリーンショット 2015-12-16 16.07.48.png

SAP Lumira 1.29 ではしきい値をもうけて、チャート上に色の変化をつけて、データを分割することができるようになりました。

スクリーンショット 2015-12-16 15.59.41.png


コンピューターのスクリーンサイズにかかわらず、SAP Lumira のページサイズを最適な大きさに調整できるようになりました。

スクリーンショット 2015-12-16 15.59.53.png


SAP Lumira 1.29 の新機能におけるキーとなるもう一つの領域はクロスタブです。ここには多くの新機能があります。その一つの例として、行列の小計を作ることができます。

スクリーンショット 2015-12-16 16.00.04.png


時系列データチャートにおける特定のデータをズームインもしくはアウトすることができます。

スクリーンショット 2015-12-16 16.00.16.png


SAP Lumira 1.29で複数のデータセットをデータバインディングする場合に、それをより効率的かつ直感的に行うことができるようになる様々な機能が導入されました。例えば、SAP Lumira で関連するディメンションを提案する機能があります。

スクリーンショット 2015-12-16 16.00.26.png


SAP Lumira 1.29 ではカスタム計算のロジックを作成することができるようになりました。

スクリーンショット 2015-12-16 16.00.36.png


SAP Lumira 1.29 では、SAP BW、SAP HANA、もしくはSAP クエリパネルエクステンションを経由した接続に対してデータ接続を実施する際の様々な機能拡張があります。

スクリーンショット 2015-12-16 16.00.46.png


SAP Lumira 1.29 は共通のフィルターダイアログボックスを提供します。

スクリーンショット 2015-12-16 16.14.50.png


ヴィジュアライゼーションからデータを取得することがこれまで以上に簡単になります。

スクリーンショット 2015-12-16 16.01.12.png

ERIS社の様々な地図をヴィジュアライゼーションにより手軽に埋め込むことができるようになります。

スクリーンショット 2015-12-16 16.01.21.png

(SAP BI Platformで利用出来る)OpenDocument がSAP Lumira 1.29 でサポートされました。これを用いることでLumira ドキュメントへのハイパーリンクが可能になります。またパラメーターによってストーリーのどのページを表示するかを指定することが可能です。

スクリーンショット 2015-12-16 16.01.31.png

SAP BI Platform 4.2 のサポート。

スクリーンショット 2015-12-16 16.01.40.png

(開発機、検証機や本番機といった)複数のSAP BI Platform 間でライフサイクルマネージャーを用いてLumira ドキュメントのステージングを行う場合に、データセットの接続設定が個別に定義できるようになります。これによりそれぞれの環境毎にデータセット定義を変更することが可能になります。

スクリーンショット 2015-12-16 16.01.50.png

SAP Lumira Server for SAP BI Platform およびSAP Lumira Server for Teams の両方に様々な新機能および拡張が加えられました。例えば、SAP BI mobile からのSAP Lumirar ドキュメントへのアクセスがサポートされ、SAP Lumira に関連する監査機能が拡張されました。また2つの言語が新たにサポートされ、Lumira ドキュメントは開いた時に最新の情報を表示できるようになりました。

スクリーンショット 2015-12-16 16.02.00.png


ストーリーのためのブックマークを個人用と共通用で作成できます。ブックマークにはフィルターやドリルダウン/アップなどの情報を記録することができ、いつ誰が開いても、共有したいストーリーの状況のまま共有、保存をしておくことができるようになりました。

スクリーンショット 2015-12-16 16.02.09.png

みなさんがSAP Lumira 1.29 の新機能をご活用いただき、日々の業務にお役立ていただけることを願っています。新バージョンのリリースに向けてみなさまからのフィードバックやコメントをいただければ幸いです。*

*フィードバックおよびコメントは、オリジナルのBlog (http://scn.sap.com/community/lumira/blog/2015/11/21/whats-new-in-sap-lumira-129-summary )にて記述ください。

カルロス

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply