Skip to Content

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

 

SAP SQL Anywhere, on-demand エディションのクールな機能の1つに、複数のサーバーのバージョンを同じクラウド内で動かすことができるということがあります。例えば、SQL Anywhere 12 と SQL Anywhere 16 サーバーを同時にどちらも、同じマシン上でも、動かすことができます。(注意: これは、同時に複数のデータベースのバージョンを動かすこととは異なります。もちろんこれも可能です。)

 

 

SQL Anywhere, on-demand edition クラウドを作成する時点では、1つのサーバーバージョンのみ可能です。異なるサーバーバージョンを使用するには、クラウド内に新しいサーバーソフトウェアをインストールする必要があります。このクイックチュートリアルでは、既存のSP5 クラウドに対してSQL Anywhere 12 のサポートパッチを追加する場合に必要なステップについて説明します。

 

 

  1. SQL Anywhere, on-demand edition SP5 クラウドを作成します。クラウドがない場合には、 Developer Editionを使用して作ることが可能です。SP5 のデフォルトのサーバーに含まれているのは、SQL Anywhere 16.0.0.1824 です。 クラウドコンソールを開いて、Cloud Software リンクをクリックします。現在インストールされているのは一つのサーバーバージョンであることがわかります。
    Capture2.PNG
  2. SAP web から新しいサーバーのバージョンをダウンロードする必要があります。 サイトの提供可能なサーバーバージョンのリストよりクラウドに追加したいサーバーのバージョンのインストールパッケージをダウンロードしてください。 このデモでは、SQL Anywhere 12.0.1.4086 for Windows パッケージをダウンロードして使用します。
  3. インストールパッケージはインストールする前にクラウドに追加する必要があります。 Events -> Run new task . をクリックしてください。
    Capture4.PNG
  4. AddCloudSoftwareUpateFromFile を選択します。
    Capture5.PNG
  5. ステップ 2 でダウンロードしたインストールパッケージへフルのパスを入力します。Next.をクリックします。これで、インストールパッケージがクラウドに追加されます。
    Capture6.PNG
  6. Cloud Software タブをクリックして、新しいサーバーバージョンがクラウドに追加されていることを確認します。
    Capture7.PNG
  7. 新しいサーバーバージョンがクラウドに追加になっていても、これはまだインストールされていません。インストールパッケージのクラウドへの追加は一度だけ行う必要がありますが、そのサーバーのバージョンを動かしたいホスト全てに対してインストールする必要があります。これによりあるサーバーバージョンの使用を特定のホストに限定することができます。クラウドコンソールを使用すれば、どのホストへのインストールも簡単です。新しいクラウドのバージョンを選択して、Install を選択します。
    Capture8.PNG
  8. 新しいサーバーのバージョンがインストールされて欲しいホストのリストを入力します。Capture9.PNG
  9. クラウドコンソールで全ターゲットホストへの新しいサーバーバージョンのインストレーションをコーディネートします。インストールが完了したら、新しいサーバーバージョンは、Installed Cloud Software のリストに掲載されます。
    Capture10.PNG
  10. これで新しいサーバーを作成する際には、新しいサーバーのバージョンを選択することができます。
    Capture11.PNG

 

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere SCN Communityページ <英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere Japan のブログに掲載しています。記事をリスト形式で表示するには、「sql_anywhere」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はSCN の SAP 日本語コミュニティの「ディスカッション」機能をご利用ください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

 

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティ

に掲載しています。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================
ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply