Skip to Content

SQL Server 2014のSAP正式サポート開始」ということで、試しに以下の組合せでインストールしてみました。

  • SAP NetWeaver 7.4 SR2 ABAP Stack
  • SQL Server 2014 CU6
  • Windows Server 2012 R2

インストールの流れは特にこれまでと変わりません。

  1. OSインストールと初期設定
  2. SQL Serverのインストール
  3. SWPMでSAPインストール
  4. SAPインストール後処理(Tr-cd: STC01でBASIS設定の大半は自動化)

2項SQL Server 2014のインストールに関するポイントだけ簡単に記載します。

SQL Server 2014のインストールメディア

SAP Note 1970448 – SAP Installation Media and SQL4SAP for SQL Server 2014にある通り

SAPランタイムライセンス保有顧客と無保有顧客で利用できるメディアが異なります。

前者はDatabase Softwareも含まれたメディア番号51049461が使用できます。

SQL2014_02.JPG

後者はメディア番号51049462を使用し、Database Softwareのメディアは別途用意する必要があります。

SQL2014_01.JPG

.NET Framework 3.5のインストール

SQL Server 2014のインストールには.NET Framework 3.5が必要です。

いくつか方法はありますが、ネットワークが閉じた環境だとWindowsインストールメディアを挿入して

PowerShellで以下のコマンドを実行するのが手っ取り早いです。

Install-WindowsFeature –name NET-Framework-Core –source <ドライブ>:\sources\sxs

SQL4SAP.batの実行

SQL Server 2014のインストールはsetup.exeからマニュアルで実行してもよいですが、

SAP環境の場合は自動インストールスクリプトSQL4SAP.batが用意されています。

Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.8

Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

*******************************************************************************

* Customized installation of Microsoft SQL Server 2014 for SAP *

*******************************************************************************

===============================================================================

= The following SQL Server instances were found:                              =

===============================================================================

No instances found

Please select the installation mode

Press <enter> to select the SQL Server installation mode.

1. SQL Server installation

2. SQL Server Client Tools only

3. Microsoft ODBC Driver for SQL Server only

Installation Mode [1]:

Please enter the name of the SQL Server instance for this installation

Press <enter> to install a default instance.

Instance Name [MSSQLSERVER]:

Please enter the username of the SQL Server admin

Press <enter> to use the BUILTIN\Administrators group.

Username [BUILTIN\Administrators]:

SQL Instance:           MSSQLSERVER

SQL Version:            12.0.2480.0

SQL Collation:          SQL_Latin1_General_CP850_BIN2

Authentication:         Windows only

Login sa:               random password, login disabled

Checking prerequisites…

===============================================================================

= Installing SQL Server 2014 CU6                                              =

===============================================================================

Execution successful.

Press <enter> to exit

インストールした後はインストールガイドにあるようにSQL Server Agentのプロパティを修正します。

  • Maximum job history log size (in rows) ⇒ デフォルト1000から6000に(最小値)
  • Maximum job history rows per job ⇒ デフォルト100から500に(最小値)
  • Remove agent historyにチェックし、期間を指定

あとは普通にSAPインストールを行います。

問題なくSQL Server 2014で稼働していることがわかります。

SQL2014_03.JPG

SAP Note 1986775 – Configuration Parameters for SQL Server 2014にある通り

SAP推奨のSQL ServerパラメータはSWPMによってSAPインストール時に自動的に設定してくれています。

ただし、BW用途の場合はいくつかマニュアルで設定変更が必要なためノートに従ってください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply