Skip to Content

Windows および Linux における SAP SQL Anywhere の I/O 要件

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

 

データベース・サーバは、コミットされたトランザクションを存続させるためにデータを確実に安定ストレージに到達させ、電源停止時にも適切にリカバリできなければなりません。オペレーティング・システムおよびストレージ・デバイスでは、パフォーマンスを高めるために書き込み操作がキャッシュされリオーダされますが、適切に構成されていないシステムでデータベース・サーバを実行すると、データが失われたりファイルが壊れたりする可能性があります。このドキュメントでは、永続的なストレージの要件と SQL  Anywhere の I/O セマンティックを理解するために必要な予備知識を提供します。

 

(version 12 をベースに書かれています。)

 

このドキュメントを見る

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティ

に掲載しています。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SAP SQL Anywhere」を選択
User Tagに「sql anywhere」「sql anywhere Japanese question」

を入力してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================
ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

Be the first to leave a comment
You must be Logged on to comment or reply to a post.