このページは、以下の英語ページの抄訳です。

 

 

また、「WAN 経由で実行される SQL Anywhere 16 のパフォーマンス最適化」のドキュメントをあらたに掲載しています。最新の情報については、こちらを参照してください。

WAN 経由で実行される SQL Anywhere 16 のパフォーマンス最適化

 

===

 

この文書では、WAN で実行している Adaptive Server Anywhere (SQL Anywhere) データベースのネットワーク・パフォーマンスのチューニングについて説明します (version 8 以降)。 TCP/IP は、WAN  実装用に選択されたプロトコルであり、この文書の主題です。

 

ネットワークパフォーマンスチューニングは、ある特定のアプリケーションやネットワークにおいて何が最も機能するかを決定するインタラクティブなプロセスだということにご注意ください。

 

このドキュメントをみる

(上のリンクよりダウンロードできる文書は英語の文書になります。日本語の文書は以下よりversion 6 をベースに書かれたものをダウンロードすることができます。)

version 6 をベースに書かれた日本語ドキュメントはこちら

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています。

SQL Anywhere の日本語記事をリスト形式で表示するには、「sql anywhere japan」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================

ご購入に関するお問い合わせ

 

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply