このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。
(SAP Support Portal は日本語化されていますが、ここでは元の英語記事に掲載されていた画面のまま翻訳しています。現在新たにLaunchpadがリリースされましたが、基本的なしくみは同じです。)

 

All SAP SQL Anywhere のサポートパッケージ (SP) は、SAP Support Portal からダウンロードして入手できますが、SAP Support Portal にアクセスするためには、有効なサポート契約をお持ちのSAP のお客様(エンドユーザー)またはSAP パートナーである必要があります。

 

 

SAP Support Portal にアクセスするために提供されている S ユーザーID については、SAP Service Marketplace FAQs (英語)をご参照いただくか、SAP Customer Interaction Center (CIC ) にお電話ください。

 

 

 

ステップ 1: SAP Support Portal にログインする

  1. Web ブラウザを開いて、SAP Support Portal web page: http://support.sap.com/ にアクセスする。
  2. 「Login」 のリンクをクリックし、提供されている Support Portal User ID (S ユーザーID) とパスワードを使ってログインする。

/wp-content/uploads/2015/03/support_portal_1_656533.png

備考: S ユーザー名またはパスワードを設定していない場合は、「Login」リンクの隣の「Register」 のリンクをクリックしてください。

 

 

 

ステップ 2: SAP SQL Anywhere SPにアクセスする

 

  1. Support Portal ホームページにログインしました。メインページから、「Download Software」をクリックします。

/wp-content/uploads/2015/03/support_portal_2_656561.png

  1. 「Support Packages & Patches」 リンクをクリックします。/wp-content/uploads/2015/03/support_portal_3_656562.png
  2. 重要:  SQL Anywhere 9、SQL Anywhere 10、SQL Anywhere 11 のサポートパッケージをお探しの場合には、このステップの左側のパネルにある「Archive」 のリンクをクリックしてください。/wp-content/uploads/2015/03/support_portal_6_656563.png
  3. 「A-Z Alphabetical List of Products」をクリックします。/wp-content/uploads/2015/03/support_portal_4_656564.png
  4. メインウィンドウにアルファベットが表示されます。「S」をクリックします。

/wp-content/uploads/2015/03/support_portal_5_656565.png

 

 

備考: SAP SQL Anywhere を探す方法は複数あります。このガイドでは、インデックスを使用しましたが、右上コーナーにある「Search」より、「sql anywhere」で検索することも可能です。

 

vi. S で始まる全 SAP 製品がメインパネルに表示されます。「SYBASE SQL ANYWHERE」 (SAP SQL Anywhere) を探して、そのリンクをクリックします。

 

/wp-content/uploads/2015/03/support_portal_7_656566.png

 

ステップ 3: 使用中の SAP SQL Anywhere のバージョンのSPをダウンロードする

 

  1. SAP SQL Anywhere のバージョンのリンクをクリックする。/wp-content/uploads/2015/03/support_portal_8_656567.png
    /wp-content/uploads/2015/03/support_portal_9_656568.png

 

  1. 使用中のOS のリンクをクリックする

/wp-content/uploads/2015/03/support_portal_10_656569.png

  1. ページの下までスクロールして、そのOS で利用可能なSP のリストをみます。適切なSP ダウンロードオブジェクト上でクリックすると、ダウンロードプロセスが開始されます。あるいは、「Add to Download Basket」をチェックして、 SAP Download Manager を使用することも可能です。

 

 

iv. SP のダウンロードが成功したら、アーカイブからExtract し、そのインストールプログラムを実行します。インストールが完了したら、SP オブジェクトを削除しても かまいません。

 

*SQL Anywhere をリポジトリ DB として使用しているその他 SAP 製品は、通常アプリケーションへの埋め込み用 SQL Anywhere OEM Edition を使用しており、SQL Anywhere はアプリケーションに埋め込まれています。

その場合、通常 SQL Anywhere 単独の修正パッチ をそのままあてることはできず、SQL Anywhere が埋め込まれた製品の修正パッチをあてていただく必要があります。

サポートの方針につきましては、SQL Anywhere を埋め込んだ製品のサポート方針に従ってください。

 

 
===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています。

SQL Anywhere の日本語記事をリスト形式で表示するには、「sql anywhere japan」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================

ご購入に関するお問い合わせ

 

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply