Skip to Content

RHEL7のSAP正式サポート開始」ということで、試しに以下の組合せでインストールしてみました。

  • SAP NetWeaver 7.4 SR2
  • SAP ASE 16.0.0.5
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0

SAP HANAのサポートOSはまだRHEL 6.5のみですが、将来的なRHEL 7.x対応への期待と

アプリケーションサーバーもRHELに統一した構成などを見据えています。

もちろんHANAだけでなく現行UNIX/Any DBからのOSマイグレーションなどもアリです。

RHEL7ではシステム起動とサービス管理の仕組みがこれまでのSysVinit/Upstartからsystemdに変更され

操作性なども大きく変わっていますので、このあたりの確認もしています。

簡単にインストールの流れを紹介します。

RHEL for SAPサブスクリプションがあればsapconfモジュールでOS設定は不要なはずですが、

サブスクリプションを持っていないので、通常のRHEL7にSAP Noteに従ってマニュアルで設定しています。

まず、RHEL7をインストールします。

Red Hat カスタマーポータルから30日間の評価用サブスクリプションを申請し、ISOイメージを入手しておきます。

RHEL0001.jpg

インストーラーも大きく変更されています。

これまでのウィザード形式とは違い、一覧から必要な項目を選択して設定する形式になっています。

RHEL0002.jpg

SAP環境では以下に注意して設定します。

  • 言語は「English (United States)」のまま
  • ホスト名は「ショートネーム」にすること
  • ソフトウェアの選択では
    • Base Environmentに「Infrastructure Server」を選択し、
    • Add-Ons for Selected Environmentから「Large Systems Performance」「Network File System Client」「Performance Tools」「Compatibiliy Libraries」を追加

RHEL0003.jpg

処理が進んだら再起動してインストールを完了します。

RHEL0004.jpg

rootユーザーでログインして以下のOS設定を行います。

  • /etc/hostsの修正
    2行目にIPアドレス FQDN ショートネームの順で記載します。

    # cat /etc/hosts

    127.0.0.1  localhost.localdomain  localhost

    192.168.100.101  rhel7sap.fjcc-sap.local  rhel7sap

  • SELinuxをPermissiveに
  • firewalldの無効化

    # systemctl stop firewalld.service

    # systemctl disable firewalld.service

  • uuiddパッケージの追加

    # yum install uuidd

  • glibcパッケージのアップデート
    RHEL 7.0の初期導入時のglibcバージョンはSAPでサポートされないため2.17-55.el7_0.3以上にアップデートします。

    # yum update glibc

  • Linuxカーネルパラメーターの修正
    /etc/sysctl.d/sap.confを作成し、以下を記載します。sysctl –systemコマンドで反映します。

    # vi /etc/sysctl.d/sap.conf

    kernel.shmmax=23136829430 *メモリー量に依存

    kernel.sem=1250 256000 100 1024

    vm.max_map_count=2000000

    # sysctl –system

  • プロセスリソース制限の設定
    /etc/security/limits.d/99-sap.confを作成し、以下を記載します。

    # vi /etc/security/limits.d/99-sap.conf

    @sapsys hard nofile 32800

    @sapsys soft nofile 32800

    @sapsys soft nproc unlimited *Java Stackの場合

あとは通常通りSoftware Provisioning ManagerでSAP NetWeaverをインストールします。

RHEL0005.jpg

インストールが完了しました。

RHEL0006.jpg

DBはSAP ASE 16.0.00.05(DB releasesはなぜか15.7ですが…)、

OSはLinux Kernel 3.10.0-123.el7.x86_64で問題なく動作しています。

RHEL0007.jpg

DBACOCKPITも問題ないですね。

RHEL0008.jpg

なお、SAP関連のサービスですが、ざっと眺めた感じではこれまで通り/etc/init.d/sapinitが作成されており、

特にRHEL7だからといってsystemdサービスを作ってくれているわけではないようです。

# systemctl list-units –full –all | grep sap

sapinit.service    loaded inactive dead    LSB: Start the sapstartsrv

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply