2015年2月5日付でSAP on Oracle Development Updateに更新が入っています。

/wp-content/uploads/2015/02/oracle12c_01_639025.jpeg

この資料の21ページにご注目ください。

SAPサポート開始予定日に「2015年3月31日」と明確な日付が追記されました。

サポート対象はOracle Database 12.1.0.2で、SAP NetWeaver 7.xを基盤としたシステムになります。

/wp-content/uploads/2015/02/oracle12c_02_639161.jpeg

この時点で12cのいくつかの新機能もサポートが予定されています(22、23ページ)。

例えば、Exadata上のACFS(共有ファイルシステム)で/sapmntが使えるようになったり、

RMANバックアップ/リストアがクロスプラットフォームに対応したり、Active Data Guard Far Syncといった

災害対策ソリューションなど、気になる機能が多いです。

なお、12cで最も期待の大きいマルチテナントとインメモリーは初期認定から遅れてのサポートとなるようです。

***2015年3月9日追記***

3月5日付で以下のSAPノートが公開されました。より詳細な情報が載っています。

主な内容は以下です。

  • DBアップグレードは3月31日~
  • 新規インストール/システムコピーは5月~(SWPMの次期バージョンリリースに合わせてと推測)
  • 12c上でのSAPアップグレード/EHP適用は5月~(SUMの次期バージョンリリースに合わせてと推測)
  • インメモリーは2015/2Q末=7月~
  • マルチテナントは2015年終わりから2016年にかけて

****************************

Oracle 12cのSAP認定時期が見えてきましたが、11gのサポート終了も意識する必要があります。

12cの認定を前にして実は11gの標準サポートが2015年2月1日で切れています。

SAPユーザーは追加費用なしで1年間の拡張サポートが自動で適用されている状態で、

2016年1月31日までは現状のままでサポートが受けられる予定ですが、

それ以降でパッチを入手したいなどサポートを受ける必要がある場合は有償の拡張サポート契約を結ぶ必要があります。

拡張サポート自体の期限は2018年1月末までです。

また、基本的に対象は11.2.0.4となっており、11.2.0.3は2015年8月が最後のSAPバンドルパッチ提供になるなど、

細かい部分でも注意が必要です。詳細は以下SAPノートをご参照ください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply