このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

 

2014年11月上旬、2014 SQL Anywhere テクニカルサミット2014 がカナダ オンタリオ州ウォータールーで開催されました。

SQL Anywhere のお客様であればどなたでも可能で、30 社の代表が、2.5日間にわたりSQL Anywhere の開発チームとのテクニカルディスカッションに参加されました。

 

お客様は、幅広いテクニカルな問題に対し、自由に、SQL Anywhere の開発、サポート、プロダクトマネジメントチームと議論され、これからリリースされる SQL Anywhere のプランについて聞かれるなど、大成功に終わりました。

 

また、SQL Anywhere の開発チームにとっても、お客様と直接コンタクトできたことで、非常に意味のあるものとなりました。

お客様と直接コミュニケーションできたことで、お客様が我々のテクノロジーを利用して進まれてようとしている方向性や、ビジネスにおいてお客様が直面されているいくつかの特定の問題点などを、開発チームもよりよく理解することができました。

 

そしてこれらの情報は全て、将来のSQL Anywhere のロードマップの計画にフィードバックされました。

 

下の写真は、お客様が OData とand SQL Anywhere について、またそれらがともにどのように機能するのか学ばれているところです。

DSC_0935.JPG

 

 

昼食や夜の小規模なイブニングレセプションの中で交わされるアドホックな会話の中で、お客様や技術者が、お互いの「ブレイン」を交換する機会が数多くありました。

DSC_0931.JPG

 

全体として、SQL Anywhere のチームからを含めた全参加者が、このイベントを大成功だと感じられ、その後に実施されたアンケートでは、参加者の 96% がこのサミットに対して大満足で、将来、同じイベントが開催された場合には、参加すると回答されました。

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ

<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています

。SQL Anywhere の日本語記事をリスト形式で表示するには、「sql anywhere japan」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================

ご購入に関するお問い合わせ

 

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply