Skip to Content

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

 

マイクロソフトの Northwind サンプルデータベースは、業界で認知されたユースケースになっており、何百ものサンプルアプリケーションがこの特定のモデルに対して存在しています。

 

そこで私は、このサンプルスキーマをサンプルデータとともにSQL Anywhere 16 にマイグレーションしてみました。

 

 

下にリンクされた .ZIP ファイルには、以下のものが含まれています。

 

  • Northwind.DB と .LOG ファイル。 これらは、Northwind データベースのSQL Anywhere 16 版です。
  • start_server.bat と sqlanyenv.bat。 これらの .bat ファイルは、SQL Anywhere 16 データベースサーバーを Northwind データベースで、そして新しいSQL Anywhere OData サーバーを起動します。 起動後、Northwind テーブルは、HTTP port 8090 経由で、サービスURLは http://localhost:8090/odata でアクセスすることが可能です。
  • Northwind.properties と Northwind.osdl.  これらのファイルは、SQL Anywhere 16 OData Producer が OData サーバーをスタートし、このモデルを有効化するのに使用します。

 

https://drive.google.com/file/d/0B8dTTQgUeAccZHZTSWhqYXVrbnM/view?usp=sharing

 

 

SQL Anywhere 16 に追加された OData Producer に関してより詳しく知りたい方は、こちらを参照ください。

 

-Paul Horan-

SAP Global Presales Enablement Lead for Mobility

 

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ

<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています

。SQL Anywhere の日本語記事をリスト形式で表示するには、「sql anywhere japan」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================

ご購入に関するお問い合わせ

 

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply