Skip to Content

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

このデモでは、サンプルアプリケーションのシナリオを使用して、SQL Anywhere 16 で実装された新しいロールベースのアクセスコントロール(Role Based Access Control, RBAC) の機能を紹介します。

 

このロールベースのアクセスコントロールでは、ある一人のユーザーが操作できる、または操作できない、様々なタイプのデータベースのオペレーションを、厳密にコントロールできるという利点があります。

 

アプリケーション開発者にとっては、様々なレベルのセキュリティを提供するソリューションを開発することができます。

 

ロールベースのアクセスコントロールを採用するメリットのあるアプリケーションとしては、CRMや、実行管理、分析レポートを生成するソリューションなどがあります。

 

 

このデモに関しては、こちらの文書(英語)を参照してください。

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ <英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています

。SQL Anywhere の日本語記事をリスト形式で表示するには、「sql anywhere japan」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================

ご購入に関するお問い合わせ

 

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply