10月8日付でSAP GUI for Windowsの最新バージョン7.40がリリースされています。

以下のSAPノートにある通り、SAP GUI for Windows 7.30は2015年7月15日で完全サポート終了、

2015年10月31日に限定サポート終了ですので、それまでに7.40への更新計画を立てる必要があります。

なお、SAP GUI for Windows 7.40は2018年1月9日がサポート終了予定日となっています。

SAP GUI for Windows 7.40がサポートするOSプラットフォームは以下のSAPノートを参照します。

7.30との違いはWindows XPとWindows Server 2003が未サポートになったことくらいでしょうか。

Windows Vista、7、8、8.1とWindows Server 2008(R2)、2012(R2)、いずれも32bit/64bitがサポート対象です。

SAP GUI for Windows 7.40の新機能は以下のSAPノートを参照します。

インストールしてみたのでスクリーンショットありで簡単に紹介します。

まず、SAP NetWeaver Business Client(NWBC) 5.0が統合されました。

SAP Front End InstallerからSAP GUIとNWBCが一緒にインストールできます。

もちろんこれまで通りのスタンドアロンのSAP GUIだけの導入でも問題ありません。

GUI000003.jpeg

SAPシステムにNWBC経由SAP Logonでアクセスすると以下のような感じになります。

NWBCのフレームの中にSAP GUIが埋め込まれ、タブで切替えらえるようになっています。

左上メニューのシステムセレクタからNWBC、SAP Logon、SAP Logonショートカットへの接続切替やオプションの設定などもできます。

GUI000010.jpeg

もう一つの大きな変更点としては、新しいデザインBlue Crystal Themeが追加されています。

GUI000011.jpeg

なんというか、新しいアイコンとカラーパレットはFioriアプリケーションの標準テーマらしいですが、青いですね…

GUI000012.jpeg

あとは大した変更・強化点ではないですが、以下が挙げられています。

  • サポートライフサイクルの長期化(2014年10月8日~2018年1月9日)
  • インストール周りの改善
  • SAP Screenreader Extensionsがインストールパッケージに同梱
  • SAPカレンダーとOutlook 2010との同期
  • SAP GUI 7.30との完全互換性
To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply