Skip to Content

SAP SQL Anywhere 16 でサポートしている Kerberos クライアント

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

 

以下の Kerberos クライアント / ランタイムが SQL Anywhere 16 でテストされています。

 

  • Windows (32-bit)
    • MIT Kerberos for Windows 2.6.5 (Kerberos V5 Release 1.3.5)
    • MIT Kerberos for Windows 3.2.2 (Kerberos V5 Release 1.6.3)
    • CyberSafe TrustBroker Application Security Runtime Library 3.1.1
    • Microsoft SSPI, which is built into Windows — Security Support Provider Interface (SSPI) は、SQL Anywhere クライアントはActive Directory Kerberos Key Distribution Center (KDC) と使用可能。SQL Anywhere サーバーまたは、他のKDCは不可。

 

  • Windows (64-bit)
    • MIT Kerberos for Windows 3.2.2 (Kerberos V5 Release 1.6.3, 64-bit version distributed by Secure Endpoints)
    • CyberSafe TrustBroker Application Security Runtime Library 4.2.4 (x86_64)
    • Microsoft SSPI, which is built into Windows — Security Support Provider Interface (SSPI) は、SQL Anywhere クライアントはActive Directory Kerberos Key Distribution Center (KDC) で使用可能。SQL Anywhere サーバーまたは、他のKDCは不可。

 

 

  • Solaris, HP-UX and IBM AIX
    • MIT Kerberos 5 versions 1.4 と 1.8.3 Kerberos クライアント
    • 備考: その他の、適切に設定された GSS-API Kerberos クライアントは動作する可能性はありますが、テストされてなく、正式にサポートしていません。

 

 

SQL Anywhere は、Kerberos on Windows Mobile はサポートしていません。

 

 

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティ

に掲載しています。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SAP SQL Anywhere」を選択
User Tagに「sql anywhere」「sql anywhere Japanese question」

を入力してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================
ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

Be the first to leave a comment
You must be Logged on to comment or reply to a post.