Skip to Content

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

画面ショットは英語ページのものをそのまま流用していますが、SQL Anywhere は日本語にローカライズされています。

 

コンテンツ

 

はじめに

 

SAP BusinessObjects Intelligence Platform (BOBJ) を1台のマシンにインストールする通常のケースでは、SQL Anywhere (SQLA) がデフォルトのCentral Management Server (CMS) システムデータベースおよびAudit データストアに使用されています。

BOBJ のセットアッププログラムで、どちらのデータベースもインストールして設定されるため、追加のインストール作業を行う必要はありません。

しかしながら、SQL Anywhere データベースを、BOBJ のCMS とは異なるマシンにインストールする必要性が発生する場合もあるでしょう。

例えば、データベースの高可用性を実現するため(そして、SQL Anywhere 独自の高可用性オプションは使用しない選択をした場合)に、クラスタリングのテクノロジーを使用したい場合などです。

このような場合には、SQL Anywhere のインストールと設定を自身で行う必要があります。

この文書では、それを行うためのステップについて説明します。 また、SAP BusinessObjects BI Platform 4.1 と SAP SQL Anywhere 12.0.1 でテストしています。

 

重要事項

 

SAP SQL Anywhere をBOBJ CMS と異なるサーバーにインストールし、操作する場合には、有償の SQL Anywhere のライセンスが別途必要になります。 SAP 営業担当、またはこちらよりお問い合わせください。それぞれのマシン上で稼働するSQL Anywhere それぞれにライセンスが必要となります。例えば、インスタンス2つをクラスタ化する場合、SQL Anywhere のライセンスはそれぞれのノード毎に必要です。SAP のライセンスで購入される場合には、スリーランドスケープでの利用が可能なため、本番ライセンスを購入いただければ、スタンバイにも利用していただくことが可能です。)

 

テストと開発の目的であれば、無償のSQL Anywhere Developer Edition をご利用いただけます。

SQL Anywhere については、まずはこちらをご参照ください。

 

SAP SQL Anywhere のインストールと設定

 

SQL Anywhere のインストールと設定の最初のステップです。以下を実行してください。

  1. SQLA を1台のマシンにインストールする。
  2. CMS と Audit データストア用に新しいデータベースをそれぞれ作成する。
  3. OSが起動すると、自動的にデータベースを立ち上げるようシステムサービスを定義する。

.

SAP SQL Anywhere のインストール

 

SQLA のセットアッププログラムを実行し、インストールウィザードの指示に従うだけです。何もなければインストールのデフォルトの設定を選択します。

 

CMS および Audit データベースの作成

 

SQLA がシステムにインストールされたら、ビジュアルな管理ツールであるSybase Central か (  https://www.youtube.com/watch?v=WUNjpF-QX_U <英語>を参照してください) または、コマンドラインユーティリティ(以下に説明します)で、CMS と Audit データベースを作成します。

 

  1. コマンドプロンプト (Windows) または、ターミナル (Unix) を開きます。
  2. SQLA CMS と Audit データベースを格納するためのディレクトリを作成します。 (例: BI4Database)
  3. このディレクトリにナビゲートし、以下のコマンドを実行します。dbinit BI4_CMS.dbdbinit BI4_Audit.db
  4. IMPORTANT: デフォルトの 「dba」ユーザーパスワードを変更することを強く推奨します。変更にはこれらのコマンドを実行します。

 

dbisql -c “START=dbeng12.exe;DBF=BI4_CMS.db;UID=dba;PWD=sql” ALTER USER DBA IDENTIFIED BY bobjsql2014 dbisql -c “START=dbeng12.exe;DBF=BI4_Audit.db;UID=dba;PWD=sql” ALTER USER DBA IDENTIFIED BY bobjsql2014

 

これらのコマンドで、デフォルトの「dba」パスワードをCMS もAudit データベースも「sql」から「bobjsql2014」に変更しています。データベース毎にパスワードを変えることも、好きなパスワードを選択することもできます。

さて、2つの空のSQL Anywhere データベースができました。BOBJ インストールの間、適切なオブジェクとともに追加されます。

 

 

システムサービスの定義

 

Windows

 

コマンドラインユーティリティを使用するのがシステムサービスの定義する一番簡単な方法です。

  1. コマンドプロンプトを開きます。
  2. CMS と Audit データベースを作成したディレクトリにナビゲートします。
  3. 以下のコマンドを実行します。dbsvc -t Network -s Automatic -as -i -sn “SQL Anywhere – BI4_SQLA_DB” -y -w “BI4_SQLA_DB” “C:\Program Files\SQL Anywhere 12\Bin64\dbsrv12.exe” -n BI4 -x tcpip(port=2638;DoBroadcast=NO;BroadcastListener=NO) “C:\BI4Database\BI4_CMS.db” “C:\BI4Database\BI4_Audit.db”
  4. コンピューターを再起動します。

 

同じタスクを管理ツールである Sybase Central を使用してもできます。

Unix

 

データベースを起動させるスクリプトを作成します。

  1. ターミナルを開きます。
  2. CMS と Audit データベースを作成したディレクトリにナビゲートします。
  3. 以下のコンテンツでスクリプトファイル 「sqlanywhere_startup.sh」 を作成します。dbspawn -f dbsrv12 -gk all -n BI4 -x “tcpip(port=2638;DoBroadcast=NO;BroadcastListener=NO)” “/home/bo4user/BI4Database/BI4_CMS.db” “/home/bo4user/BI4Database/BI4_Audit.db”
  4. SQLA のインストールでは、もう一つのスクリプトファイル 「/opt/sqlanywhere12/bin64/sa_config.sh」 – を作成します。このスクリプトは、必要な環境変数を設定するため、 「sqlanywhere_startup.sh」を実行する前に実行する必要があります。
  5. データベースのスタートアップスクリプト 「sqlanywhere_startup.sh」を実行します。

 

オプショナルで、OSがブートする際に、「sa_config.sh」および「sqlanywhere_startup.sh」の両方とも設定することができます。このタスクを遂行するプロセスは、Unix のディストリビューションに依存します。

BOBJ CMS からSQLA データベースへの接続

 

BOBJ の CMS は、SQLA データベースへのODBC 接続を必要とします。これを遂行するには、以下が必要です。

  1. SAP SQL Anywhere クライアントソフトウェアを BOBJ CMS マシンにインストールします。
  2. それぞれのデータベースに、システム ODBC データソース名を作成します。

.

SAP SQL Anywhere クライアントのインストール

 

必要なコンポーネントは、SQL Anywhere クライアントのインストールに含まれている SQLA ODBC ドライバーです。こちらからダウンロードしてください。

SQLA クライアントを必ず BOBJ CMS と同じマシンにインストールしてください。SQLA クライアントをWindows にインストールするには このドキュメントを参考にしてください。

 

 

システム ODBC データソース名を作成する

 

BOBJ CMS は、SQLA データベースへの接続を必要とします。これは、ODBC 経由で行われます。データソース名 (DSN) を以下のように作成します。

Windows

 

  1. Start > Administrative Tools > Data Sources (ODBC) をクリックしてODBC Administrator を開きます。
  2. System DSN タブに移り、Add ボタンをクリックします。AddSystemDSN.png
  3. 「SQL Anywhere 12」をドライバーのリストから選択し、 Finish ボタンをクリックします。SQLA12Driver.png
  4. SQL Anywhere のODBC 設定ダイアログが表示されます。以下の値を入力します。
    • ODBC タブ内で
      • データソース名: BI4_CMS
    • Loginタブ内で
      • User ID: dba
      • Password: bobjsql2014 (あるいは、上で説明したとおり、好きなパスワードを選ぶこともできます。)
      • Action: Connect to a running database on another computer
      • Host: SQL Anywhere データベースサーバーがインストールされたコンピューター名または IP アドレス
      • Port: 2638
      • Server name: BI4
      • Database name: BI4_CMS
ODBC-tab.png Login-tab.png

OK をクリックして変更を適用します。オプションとして、ODBC タブに戻り、接続をテストすることもできます。Audit データベースも同様のステップで設定します。ただし、以下の2点の違いに注意してください。

  • ODBC tab: data source name は、「BI4_Audit」になります。
  • Login tab: database name は、 「BI4_Audit」になります。

これで、BOBJ インストレーションプログラムに提供できるシステムODBC DSN ができました。

 

SAP BusinessObjects BI Platform セットアッププログラムの実行

 

Windows

 

  1. セットアッププログラムを実行して、インストールウィザードの最初のいくつかのステップを進みます。BOBJ データを格納するデータベースの選択を求められます。「Configure an existing database」を選択します。

ConfigExistingDB.png

 

  1. Next をクリックすると、CMS データベースタイプを聞かれますので、「SAP SQL Anywhere using ODBC」を選択します。

 

SQLAwODBC-CMS.png

 

  1. Next をクリックして、Audit データベースタイプも同じものを選択します。
  2. CMS レポジトリデータベースの設定を求められるまでインストールウィザードを継続します。以下の値を入力します。

 

  • DSN: BI4_CMS
  • User name: dba
  • Password: bobjsql2014

 

ConfigODBC-CMS.png

  1. Next をクリックすると、Audit データベースの設定と同様のダイアログが表示されます。以下の値を入力します。

 

  • DSN: BI4_Audit
  • User name: dba
  • Password: bobjsql2014

ConfigODBC-Audit.png

 

  1. Next をクリックして、最後までインストールウィザードに従って進めます。

 

セットアッププログラムが終了すると、BOBJ CMS は他のマシンで稼働しているSQL Anywhere のCMS とAudit データベースを使用していることになります。追加の管理タスクを実行したい場合は(例.: バックアップスケジュールとイベント)、ビジュアルな管理ツールである Sybase Central を使用して、どちらのデータベースにも接続できます。前に作成した ODBC DSN を使用して、データベースに接続します。

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細は、SAP SQL Anywhere SCN Communityページ <英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere Japan のブログに掲載しています。記事をリスト形式で表示するには、「sql_anywhere」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はSCN の SAP 日本語コミュニティの「ディスカッション」機能をご利用ください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ

<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています

。SQL Anywhere の日本語記事をリスト形式で表示するには、「sql anywhere japan」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================

ご購入に関するお問い合わせ

 

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply