Skip to Content

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

 

SAP BusinessObjects 3.1 (SP5 以上) および 4.1 では、SAP SQL Anywhere 12.0.1 データベースをデフォルトの CMS および Audit データベースとして埋め込んでいます。BOBJ をインストールすると、SQL Anywhere のインストールが自動的に始まり、必要なのは管理者のユーザー名やパスワードなどデータベースへのログインの標準クレデンシャルを定義するだけです。

 

しかしながら、BOBJ のデフォルトのインストールで実行されないことが1つあります。SQL Anywhere データベースの管理ツールのインストールです。

以下の方法のどちらかで、入手することが可能です:

 

  1. BOBJ 3.1 のインストールメディアには、「SAW」というフォルダ内に「SA1201_Client.exe」 (Windows) と 「sa12_client_linux_x86.x64.1201_3152_l10n.tar.gz」 (Linux) というファイルが含まれています。このファイルを実行 (Windows) または エクストラクトして実行 (Linux) し、SQL Anywhere Client をインストールしてください。この中に管理ツールが含まれています。
  2. SQL Anywhere クライアントを以下より ダウンロードしてください。 BOBJ 4.1を利用している場合には、こちらの方法を使ってください。

SQL Anywhere データベースを管理するためのツールは、3 種類あります:

  • Sybase Central: データベースオブジェクト、例えばテーブル、ビュー、ストアドプロシージャーなどの作成、ビュー、編集など
  • Interactive SQL: アドホックなクエリーを実行するためのクエリーエディター
  • SQL Anywhere コンソール: データベース接続、プロパティ、サーバーメッセージなどをディスプレイするモニタリングツール

 

最も便利なツールは、Sybase Central です。なぜならば、CMSやAudit データベースの検証やバックアップのためのイベントの定義やメンテナンスプランはこれを使用して行います。

ウィザード形式なので、これらの管理タスクをラクラクと作成することができます。

ピュアSQLを使用して、これらのイベントを作成することもできます。その場合には、Interactive SQL が役にたちます。

しかしながら、お客様が私のように GUI パーソンならば、Sybase Central を使用されることをおすすめします。

 

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ

<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています。

SQL Anywhere の日本語記事をリスト形式で表示するには、「sql anywhere japan」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================

ご購入に関するお問い合わせ

 

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply