このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

 

これは何ですか?

 

PHP は、オープンソースのスクリプト言語です。一般的な目的のスクリプト言語として使用することも可能ですが、HTML ドキュメントに埋め込めるスクリプトを書くための便利な言語として設計されています。クライアントによって頻繁に実行される JavaScript で書かれているスクリプトと違い、PHP のスクリプトはweb サーバーによって処理され、結果のHTMLのアウトプットがクライアントに送られます。PHP のシンタックスは、Java や Perl などの他の一般的な言語のシンタックスからデリバリーされます。

 

動的な web ページを開発する言語として、利便性を上げるために、PHP は、SQL Anywhere 他多くの一般的なデータベースから情報を取得できるようになっています。PHPからSQL Anywhere へアクセスするモジュールがSQL Anywhere には含まれています。 これらのモジュールと PHP 言語を使用して、スタンドアロンのスクリプトを書き、SQL Anywhere データベースに格納されている情報に依存する動的なweb ページを作成することができます。

 

PHP モジュールのプレビルド版を Windows とLinux に提供しています。これらは、 SQL Anywhere インストレーションのOS 特有のサブディレクトリにインストールされます。バイナリも以下のリンク先からダウンロードできます。 SQL Anywhere PHP モジュールは、PHP のバージョンとマッチしている必要があります。今後もPHP の新しいバージョン用のプレビルドバイナリを追加していきますが、お待ちいただく余裕がない場合には、お客様自身でビルドすることも可能です。

 

PHP モジュールには、SQL Anywhere 10.0.1.3767 以上が必要です。*

 

デベロッパー用資料

 

 

ドライバーは、SAP SQL Anywhere PHP モジュール (英語ページ)よりダウンロードしてください。

 

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ

<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています

。SQL Anywhere の日本語記事をリスト形式で表示するには、「sql anywhere japan」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================

ご購入に関するお問い合わせ

 

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply