Skip to Content

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

SAP SQL Anywhere データベースクライアントには、以下のコンポーネントが含まれます。

 

  • ODBCやJDBC、ADO.NET など、利用可能なクライアントインターフェースのフルセット
  • SQL CentralInteractive SQL などの管理ツール

 

注意:  SQL Anywhere クライアントライセンスは基本的には有償です。

SQL Anywhere クライアントソフトウェアは、無償版の Developer Edition、有償版の workgroup, Edge Edition、Advanced Edition、OEM契約用マスター版の OEM Edition に含まれています。

お客様の契約をご確認の上、ダウンロードしてください。

 

インストールの途中で、SQL Anywhere ソフトウェアライセンス契約に同意する画面が表示されます。ライセンス契約に同意できない場合は、インストールを中断されるか、60日間限定評価版 を (ソフトウェア評価ライセンスに基づき)ダウンロードしてください。

 

以下のリンクをクリックして適切なソフトウェアを入手してください。

 

 

SAP SQL Anywhere のバージョン ソフトウェア

(データベース クライアント のみ)

SAP SQL Anywhere 17.0 Windows x86 および x64
Linux x86 およびx64
OS X
Solaris SPARC
Solaris x64
HP-UX Itanium
IBM AIX
SAP SQL Anywhere 16.0 Windows x86 および x64
Linux x86 およびx64
Mac OS X
Solaris SPARC
Solaris x64
HP-UX Itanium
IBM AIX

SAP SQL Anywhere 12.0.1

 

SAP Business Objects 3.1 および 4.x ユーザーは、

このバージョンをインストールしてください。

Windows x86 および x64
Linux x86 および x64
Mac OS X
Solaris SPARC
Solaris x64
HP-UX Itanium
IBM AIX

 

テクニカルホワイトペーパー、Webcast、Q&A, デモ、その他情報に関しては、SAP SQL Anywhere デベロッパーセンター をご参照ください。

 

 

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL Anywhere Communityページ<英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SAP SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています。

 

SQL Anywhere Q&A フォーラム <英語> — 英語ですが、SQL Anywhereの開発者が直接回答することもあり、おススメです。

 

SAP SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition もこちらからダウンロードが可能です。

 

SAP SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

 

======================
ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply