Skip to Content

このページは、以下の英語ページの抄訳です。最新の情報については、英語ページを参照してください。

 

 

 

SAP SQL Anywhere の最少ハードウェア要件は以下の表のとおりです。

 

開発

(完全インストール)

本番運用

(サーバー)

本番運用

(クライアント)

32-bit CPU

Pentium 2 互換またはそれ以上

 

空間データのサポートにはPentium 4 互換またはそれ以上

Pentium 2 互換またはそれ以上

 

空間データのサポートにはPentium 4 互換またはそれ以上

Pentium 2 互換またはそれ以上
64-bit CPU

AMD64

Intel EM64T

SPARC

PowerPC

Itanium 2.

AMD64

Intel EM64T

SPARC

PowerPC

Itanium 2.

AMD64

Intel EM64T

SPARC

PowerPC

Itanium 2.

RAM

Windows XP にはメモリー 256 MB 必要

 

その他のWindows のバージョンには、メモリー 512 MB 必要

 

Sybase Central やInteractive SQL などの管理ツールを使用している場合には、上記のメモリーに追加して、64 MBから128 MBのRAMが必要。

Windows XP にはメモリー 256 MB 必要

 

その他のWindows のバージョンには、メモリー 512 MB 必要

メモリー 4 MB
ハードディスク 500 MB 以上の十分なディスクスペースがデータベース、ログファイル、テンポラリファイルの保持に必要 20 MB 以上の十分なディスクスペースがデータベース、ログファイル、テンポラリファイルの保持に必要 10 MB

 

サポートOSの詳細については、こちら SAP SQL Anywhere サポートOS および エンジニアリングサポート状況 を参照してください。

 

最少ハードェア要件しか満たさないサーバーを使用される場合には、パフォーマンスに影響がでる可能性がありますので、ハードウェアをアップグレードした方が良いかもしれません。 一般的には、データベースサーバーにかかるワークロードに適切なハードウェアを見積ります。

 

ファイルシステムがフルの状態の場合は、データベースサーバーを起動する時に -fc オプションを特定してコールバック機能を実行することができます。詳細は SAP SQL Anywhere マニュアル の-fc データベースサーバーオプションの項をご参照ください。

 

 

 

 

===

 

SAP SQL Anywhere に関する詳細情報は、SAP SQL

Anywhere Communityページ <英語> を参照してください。

 

上記のコミュニティーに掲載されている技術情報は、順次SQL Anywhere 日本語コミュニティに掲載しています。SQL Anywhere の日本語記事をリスト形式で表示するには、「sql anywhere japan」のタグをクリックしてください。

 

SQL Anywhere に関してはまずはこちらをご参照ください。無期限でご利用いただける無償の Developers Edition も

こちらからダウンロードが可能です。

 

SQL Anywhere に関して技術的な質問のある方はコミュニティに登録し、
「+ Actions」から「Ask a Question」機能をご利用ください。

Language には「Japanese」、
Primary Tag には「SQL Anywhere」、
Additional tag には「SAP SQL Anywhere」、
User Tagに「sql anywhere japanese question」

を選択してください。

不具合につきましては、サポート契約者様専用の問い合わせ方法にてお問い合わせください。

======================

ご購入に関するお問い合わせ

こちらよりお問い合わせください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply