SAPPHIREに先駆けてSAP HANA 1.0 SP8の発表がありました。

いろいろ機能拡張やバグフィックスがされているようですが、一番大きなトピックは

なんといってもこれまでSUSEのみだった稼働OSのRed Hat Enterprise Linux対応ではないでしょうか。

日本のLinux市場ではRed Hatのシェアが非常に高いため、これまでサポートOSの問題で

SAP HANAの導入に二の足を踏んでいたお客様には朗報だと思います。

リリース情報の詳細については以下のSAP Noteをご参照ください。

また、以下の情報も参考になります。

これら資料には、RHEL対応だけでなく、HANA ClientのWindows Server 2012 R2対応やセキュリティ機能強化、

DR機能強化、Smart Data AccessのIBM(DB2とNetezza)対応など変更点が記載されています。

ちなみに以下のSAP NoteにはHANA on RHELのインストールガイドも添付されています。

このインストールガイドを読む限りRHELのバージョンは6.5をサポートしているようです。

****************6月3日追記******************************

6月2日にRed Hatからも公式に発表がありました。

また、SCNに以下の情報が公開されています。

これによると、

  • 直近でHWアプライアンスを出すのはIBM、DELL、富士通、NECの4社。CISCOも提供予定
  • HANA 1.0 SP8 on RHEL 6.5からサポート
  • VMware上でもSAPのサポート指針に則った構成ならサポート
  • 通常のRHELと同じプライシングだが、手配型番はRHEL for HANA SKUと異なる。理由として、SAP HANA用にcompat-sap-c++という追加パッケージとScaleble File System Add-on(XFS)が必要なため

****************6月4日追記******************************

以下のSAP認定HWアプライアンス機種一覧のサイトも更新されています。

IBM、DELL、富士通、NECが認定を取得しています。

OSが2種類になったことでカテゴリーが分かれ、HANA-HWC-APの後ろにそれぞれRH、SUが付くようです。

  • SAP HANA Hardware Certification – Appliance (HANA-HWC-AP RH 1.0) for Red Hat Enterprise Linux (RHEL)
  • SAP HANA Hardware Certification – Appliance (HANA-HWC-AP SU 1.0) for SUSE Linux Enterprise Server (SLES)

富士通はPRIMEQUEST2400/2800でメモリー128GB、256GB、512GB、1TB、2TBとXS~XLまで全モデル、

またSuite on HANA専用アプライアンスでも2TB、4TB、6TBと非常に幅広く取得しています。

スケールアウト構成で取得しているのは今のところIBMだけですね。最大で2TBx56ノードまで対応しているようです。

DELLは128GB、256GB、512GB、1TBの4機種と2TBのSoH用1機種、NECは128GB、256GBの2機種のみとなっています。

To report this post you need to login first.

1 Comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply