Skip to Content

2012年11月27日なので、もう1年半前ですが、SAP HANAのVMware対応が行われました。

しかし、HANA on VMware 対応状況でもまとめていますが、非本番のみの利用と制限がありました。

昨日のEMC WorldにてHANA on VMwareの本稼働環境サポート開始の発表があったようです。

以下のVMware vSphere Blogでも記事が公開されています。

合わせてSAP社各種ドキュメントなども更新されています。

詳細および最新情報は上記資料でご確認ください。ポイントは以下です。

サポート組合せ

  • SAP HANA 1.0 SPS5 on VMware vSphere 5.1以降
  • SAP HANA 1.0 SPS7 on VMware vSphere 5.5以降(本稼働環境もサポート

本稼働環境サポートにおける前提条件/制約

  • まだControlled Availabilityであり、申請(sap_hana_tailored_data_center_integration@sap.com)が必要
  • これまで同様にHANAアプライアンス認定サーバーを使用する必要がある。ただし、E7 Westmere EXおよびE7 Ivy Bridge EX搭載2CPU/4CPUモデルのみで8CPUモデルは未サポート
  • HANAはシングルインスタンスのみ。マルチノード、スケールアウト構成は未サポート
  • 1台のサーバー上に複数仮想マシンの稼働は不可
  • サポートされる最大構成はVMware vSphere 5.5の上限である64vCPU/1TBメモリー(4CPUモデルで最大60コアなので??将来の8CPUモデルサポート前提の話かも)
  • CPU/メモリーのオーバーコミット機能は使用不可
  • VMware vMotion、DRS、HAなどの機能は利用可能
  • HWベンダーによるセットアップ済みのHANAアプライアンス以外に、SAP認定テクノロジースペシャリスト-SAP HANA InstallationエンジニアによるTDI(Tailored Datacenter Integration)導入でもOK

従来のvMotionだと共有ストレージが必要であり、シングル構成のHANAアプライアンスは一般的にローカルストレージです。

そのためEnhanced vMotionを使用するか、TDIで認定ストレージを使用した構成で個別に導入する必要があります。

なお、非本番環境であれば8CPUモデルおよび同一サーバー上の複数仮想マシン構成もサポートされます。

今後の予定

  • 8CPUモデルの本稼働環境サポート
  • 同一サーバー上の複数仮想マシン構成の本稼働環境サポート
  • マルチノード、スケールアウト構成のサポート
  • VMware vSphere以外のハイパーバイザーのサポート

個人的にはまだまだ制限/制約が多く実用度という点では疑問が残ります…。

昨年10月に開催されたSAP TechEd 2013 Las Vegasで聞いたときは、

2013年末から2014年明けを目標にHANA on VMwareの本稼働環境サポートを開始するとの話だったので

結果として半年近く遅れています。今後の予定もどれくらいかかるのか、気長に待ちたいと思います。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply