SAP Learning Hub Free Courses Overview にあるように、

SAP製品、技術に関する一部トレーニングコースを無償で受講できる環境が用意されています。

特に「無償」という点が非常に有益だと思いますので、申し込みから受講までざっと紹介したいと思います。

まず、Training and Certification Shop のユーザー登録とSAP Learning Hub, Discovery Editionの申し込みをする必要があります。

Training and Certification Shop にアクセスし、「無償版 Discovery Editionお申込み」をクリックします。

Learn0000.JPG

「SAP Learning Hub, discovery edition」が選択されていることを確認し、「バスケットに入れる」をクリックします。

Learn0001.JPG

Discovery Editionは「0.00」円と確かに無償なコースとなっています。

Discovery Edition以外にもCustomer Edition、Partner Edition、Business User Editionがあるようです。

Customer EditionとPartner Editionは、260,000円となっていました。

Business User Editionは日本では未提供のようです。

Customer EditionとPartner Editionはさすがに有償だけあって、

~1,000のハンドブック、~450のe-learningコンテンツなど受講できるコースが非常に多いようです。

次に「お申込み手続きへ」をクリックし、

  • 「お客様情報の入力」
  • 「お支払情報の入力」
  • 「お申込み内容の確認」
  • 「お申込みの確認」

の順にそれぞれ必要情報を入力・確認して申し込みを完了します。

無償コースですので特に支払情報(クレジットカード番号など)は求められませんので安心して申し込みましょう。

Learn0002.JPG

申し込み手続きの詳細は Getting access & accessing SAP Learning Hub #SAPEducation にもまとまっています。

申し込みが完了したら「SAP Learning Hubへのアクセス」をクリックし、SAP Learning Hubに進みます。

Learn0003.JPG

SAP Learning HubのHome画面です。SuccessFactorsで作成されたサイトみたいです。

Learn0004.JPG

ちなみに申し込みしてすぐにSAP Learning Hubにアクセスしてもコース情報が表示されません。

自分は30分くらいでアカウントとDiscovery Editionの申し込みが紐づいたようでした。

申し込み時に2日経っても登録されない場合は連絡してね、みたいなことも書かれていたので、多少時間がかかるのかもしれません。

受講したいコースを申し込みます。今日時点では85の無償コースが提供されていました。

アプリケーションからSAP NetWeaver、SAP Solution Manager、そしてHANAまでと幅広いです。

Learn0005.JPG

コースの内容はiContentで提供されるe-learningやYouTubeのビデオ講座、ハンドブックなどいくつか形態があるようです。

以下はe-learningの受講画面です。

Learn0006.JPG

残念ながらすべて英語で提供されていますが、iContentのe-learningであれば、読み上げられている英文を

別ウィンドウで文字表示する仕組みも用意されています。グーグル翻訳の助けを借りたりしながら頑張って勉強しましょう!

To report this post you need to login first.

2 Comments

You must be Logged on to comment or reply to a post.

  1. Kae Miki

    SAPエデュケーション本部の三木香恵と申します。
    SAP Learning Hub無償版をお試し頂きありがとうございます。無償版は英語ですがGoogle翻訳などを利用しながらご活用いただけているということで工夫頂きありがとうございます。

    ちなみに有償版となりますが現在日本語版コンテンツが180搭載されています。そのうちナレーション付のE-learningコンテンツは13コースです。例えばこのようなコースがございます。

    [例]
    ・SAP概要、SAPナビゲーション
    ・ソリューションマネージャー概要
    ・管理会計ビジネスプロセス、販売管理ビジネスプロセス、人事管理プロセス
    ・財務会計カスタマイジング、在庫購買管理のパラメーター設定
    などなど、概要レベルから詳細レベルまで揃えてございます。

    今後更に日本語コンテンツの追加を予定しており、直近では以下のコース(ビジネスプロセスを理解頂きながらSAPの主要機能を学習するコース)も搭載予定です。

    •         TERP01 SAP ERP Business Process Basics and Navigation
    •         TERP20 SAP Financial and SAP Management Accounting Basics
    •         TERP40 Purchase-to-Pay Processing in SAP ERP
    •         TERP65 Order-to-Cash Processing in SAP ERP

    ぜひまったく新しい学習方法、SAP Learning Hubを今後もご活用頂ければと思います。ご不明点がございましたら随時トレーニングセンターまでご連絡くださいませ。

    [お問い合わせ]
    SAPジャパン株式会社
    トレーニングセンター
    Mail education.japan@sap.com
    TEL 03-6737-4141(9:00~17:00)

    (0) 

Leave a Reply