○Solution Manager設定支援をエキスパートから受け御社環境構築をする

○HANA DBのサイジング・パフォーマンスモニタ方法・Early Watchの見方・バックアップとリカバリ方法・APO on HANAの情報等

○大規模統合インスタンスをこれから考える時の教科書

○Business Objectsの新規リリースBI4の運用・開発に関する各種技術詳細

○ERP6.0 EHP6のxx機能を導入したく専門家からナレッジが欲しい 

・・・・などなど・・・・・

専門家の支援を直接受けたり、ノウハウを得ようと思ったら、高いお金を払わないと得られないサービスや知識が、Enterprise Supportのお客様には標準サービス内で数多く提供されています。このサービスをEnterprie Support Academy(ES Academy)といいます。ES Academyは、数百のコンテンツから本当に必要なサービスを探し易い様に、Learning Studioという、コース・コンテンツ検索、申込みツールによりご覧頂く形式になります。

ES Academyは欧米中心に、そのコンテンツの豊富さから非常にお客様に高評価を頂いているサービスで、毎期新しいコンテンツが登場していますので、SAPの運用管理・導入に携わる方、SAPエキスパートの方は是非このLearning Studioに慣れ親しんで頂ければきっと役立つニッチな情報が見つかる事が多いと思います。

操作方法については、次の「~操作編~」で解説します。こちらではまず、ES Academyにはどんなコースやコンテンツがあるか解説します。

  1. ES Academyのコース http://service.sap.com/esacademy ⇒ 「全サービスから役に立つサービスを探す」に、ES Academyのさらに6サービスの解説があります。
サービス名 解説 形式
Guided Self Service(ガイド付きセルフサービス) SolManなどの設定のセルフサービスのガイドです セルフサービス
Expert Guided Implementation(エキスパートによる設定支援) SolManの3~5日間のリモートワークショップと専門家による御社環境設定支援サービスです。日本でも多くのお客様にお使い頂いています。 インストラクター
Accelaration Innovation Enablement EHPなどの新機能について開発者やエキスパートの講義・アドバイスを受けられるコースです(3~5日程度のリモートサービス) 英語でハードル高いかも知れませんが、xxの機能を導入実装したいと決めていたら、これほど質の高い有効なサービスはありません。 インストラクター
Meet the Expert(エキスパートによるワークショップ) HANA DB、Mobile、Sybase DB、BI4のノウハウから、Early watchの役立て方のアドバイスまで、様々なコンテンツの講義と、過去録画があり、探していたニッチなノウハウを是非掘り当ててください。 インストラクター
Best Practice(ベストプラクティス) AGSが経験により得たノウハウを教科書の形にしています。正しいガイドとして役に立つはずです。例:運用の自動化、大規模インスタンス構築時のノウハウ セルフサービス
Quick IQ(ショートデモ) 各種システム設定方法ガイドのショートデモ セルフサービス

2014-02-11 14-56-34.png

  

     2.提供言語:日本語のもありますが、英語のコンテンツがやはり数多くあります。

 

     3.地域 : 北米、欧州、アジア、南米など各地のコンテンツも漏れなく見れます。日本語・英語のコンテンツの御社の時間帯にあうコースをお選び下さい。また実施後の録画コンテンツも数多く入っております。

SAP Maintenance Go To Market 木下史朗

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply