Skip to Content

SAP LVM 2.0ではVMware vSphereだけでなくMicrosoft Windows Hyper-Vも管理できるようになりました。

System Center Virtual Machine Manager(SCVMM) 2012 SP1と連携することで仮想マシンを制御します。

詳細は以下SAP Noteで確認してください。

ただ、現時点ではSAP LVM 2.0 で標準でサポートされているというわけではなく、

パイロットアプリケーションとして提供されているSCVMM Connector for SAP LVMという追加モジュールを

OSSメッセージで申請して入手し、自分でSAP LVM環境にデプロイする必要があります。

SCVMM Connector for SAP LVMに添付されるPDFファイルに詳細手順が記載されていますが、

簡単に導入フローとSAP LVMからどう見えるかをご紹介します。

事前準備として以下を設定します。Web ServiceとしてSAP LVMから処理をするためSPFが必要です。

  • SCVMM 2012 SP1の導入
  • System Center Service Provider Foundation(SPF)の導入
  • SCVMMとSPFの連携設定
  • SAP LVMにSCVMM Connectorをデプロイ

SCVMM0004.JPG

今回は以下のようにクラウドを定義しています。

SAPTenantというテナント配下にFujitsu NetApp – SAP Cloudというクラウドを用意し、

そこにSAP ERP 6.0 EHP6とSCVMM 2012 SP1という2台の仮想マシンが割り当てられています。

SCVMM0003.JPG

SAP LVMから仮想化マネージャの設定をします。

  • ラベル:任意の名前。ここではSCVMM 2012
  • ユーザ名: SCVMM Self Service ユーザアカウント
  • パスワード: 上記ユーザのパスワード
  • URL: https://<spf server hostname>:8090/SC2012/VMM/Microsoft.Management.Odata.svc
  • 監視間隔: 任意の値。ここでは60秒

SCVMM0000.JPG

設定が完了したら正しく連携されているか確認します。

以下のようにSCVMMで定義したクラウドが表示されています。また仮想マシンも2台とも見えています。

SCVMM0001.JPG

仮想マシンの制御として有効化(起動)、無効化(OSシャットダウンと仮想マシン停止の2種類)、

ポーズ(一時停止)ができます。またテンプレートがあると仮想マシンの展開(プロビジョニング)ができるようです。

SCVMM0002.JPG

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply